オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根カバー工法で傷んだ屋根をリフレッシュ!


更新日:2020年7月5日
買い物帰り見かける我が家の屋根、だいぶ汚れてきているしそろそろメンテナンスをしないと、と感じる夫婦。ネットで調べて街の屋根やさんに見積もり依頼。街の屋根やさんより担当堀川が訪問。ドローンで調査。あちこちスレートにひびが入っていることを確認、使用している屋根材に対して一抹の不安がよぎる堀川。コロニアルNEOであることを伝えるノンアスベストタイプで10年程度でひび割れが入る問題のある屋根材と説明。葺き替える他に屋根カバー工法という選択肢があると説明。既存の屋根の上から新しい屋根を重ねて葺く方法。既存の屋根の上に防水紙、新規屋根材を重ねていく方法で、廃材が出ない事と遮熱性が高まるメリットがありますデメリットとしては荷重が増してしまう事ですが、軽量な金属屋根を選択していただくとその荷重も軽減されます。見積もりの内容に納得した私達はすぐに屋根カバー工事をお願いしました。古い屋根材の撤去、新しい防水紙を葺く。ガルバリウム鋼板製屋根材を葺き、棟板金を設置して竣工。きれいな屋根に生まれ変わり、子供も大喜び。

屋根カバー工法で傷んだ屋根をリフレッシュ!
概要

 現在の屋根の上に新しい屋根でカバーする屋根カバー工法。そのメリットをご紹介します。

●メリット

1.既存の屋根の上から新しい屋根を葺きますので、解体工事費と廃材の処分費用が節約できます。
2.屋根材を撤去しない分、工期の短縮になります。
3.重ね葺きになりますので、遮熱性と防音性が高まります。


●デメリット

1.既存の屋根の上に重ねて葺きますので屋根にかかる荷重が増してしまいます。
 ただし、軽量の金属屋根を選択していただく事により、荷重量は軽減でき微増で済みます。
2.瓦屋根には屋根カバー工法は向いていません。
3.屋根の劣化状況によっては屋根カバー工法は選択できません。点検調査にて施工可能かどうか判断いたします。

 屋根カバー工法は屋根葺き替え工事と比べて工程が少なくて済みます。工期が短縮できる上に廃材撤去費用などの節約にもなる利点があります。

屋根カバー工法に関して、詳しくはこちらをご覧ください。

現在の屋根を新しい屋根で覆う、二重屋根になるのが屋根カバー工法

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら和歌山店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-948-983