オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根塗装の色選びでチェックしておきたい4つのポイント


屋根塗装の色選びで知っておきたい4つのポイント
 屋根塗装工事は大切なお住まいを雨風から守るためにも屋根材に欠かせないメンテナンスです。塗装の最大の目的はなんといっても『塗膜保護による屋根材の劣化防止』です。しかし簡単に状態を確認できず、ご自身での補修もできない屋根だからこそ確実で安心な長期メンテナンスフリーな状態にしたい!誰もがそう思いますよね?

 そのため皆さんはシリコンやフッ素・無機などのグレードで耐久性やコストパフォーマンスを比較した上で決められていると思います。

 その上で次に決めるのは『』・・・でしょうか?

 近年では機能性塗料が注目を浴びており、遮熱はもちろん断熱、低汚染、防藻・防カビなど、塗装だけで体感温度が変わる、美観性が維持できるといった高機能な塗料が多数発売され、こうした機能性を重視するという方も増えてきました。

 そして、最後に絶対に決めなくてはいけないのは「」ですよね。屋根は建物の高さや勾配のせいかあまり見ることのない・出来ない部分ですので、妥当なブラックや外壁色と相性が良く柔らかい印象のブラウンで良いと、何となく決められる方も多いのですが、ちょっと待ってください。

 せっかく高耐久の機能性塗料で塗装するのに、その色選びで失敗すると塗料の効果を半減させているかもしれないとなると不安になりませんか?今回は塗料本来の機能を発揮させるためにオススメの塗装色、屋根塗装時の色選びのポイントなどをご紹介します。今まで何となく選んでいた屋根の塗装色を見直し、機能性の向上・イメージチェンジに役立てていただければ幸いです。
屋根塗装が不可欠な屋根材
 基本的なおさらいにはなりますが、屋根塗装の役割は屋根材の劣化防止です。多くの屋根材は水分や傷など外的要因の影響を受けやすいため、表面の塗膜が劣化することで劣化が進行してしまいます。そこでまずは屋根塗装が必要なのか不要なのかを知りましょう。
和瓦は塗装の必要なありません
 昔ながらの日本瓦は粘土を高温で焼成した素材で吸水率が非常に低い為塗装が必要ありません。ひと昔前に瓦の色褪せ対策に塗料が販売されましたが、塗膜剥がれが起き、かえって見栄えが悪くなることがあるためお薦めはしておりません。そもそも瓦の色褪せは経年劣化ではなく経年変化ですので色褪せと耐久性低下は関係ないと言えるでしょう。
セメント・乾式コンクリート瓦は塗装が必要
 表面がざらざらとしているセメント・乾式コンクリート瓦は吸水性が非常に高い為塗装が必要不可欠な屋根材です。しかし施工してからもう40年近く経過している住宅がほとんどですので、下地補修・補強もあわせ屋根葺き替え工事の方がお薦めです。塗装できる状態でしたら《モニエル瓦》かどうかの判断を適切に行いましょう。
化粧スレート は塗装が必要
 現在最も多く使用されている化粧スレートはセメントと繊維質を混合・圧縮した屋根材ですので塗装が必要です。2000年前後に施工された屋根材の中には割れやすい・表面剥離が起きやすいノンアスベスト屋根材がありますので、屋根塗装が妥当かはしっかり判断しましょう。
金属屋根は塗装が必要
 新築・リフォーム問わずガルバリウム鋼板が人気ですね。錆びにくく高耐久で知られる金属屋根ですが、塗装が必要ないという訳ではありません。傷がつけば錆びますし、錆びにくいといえども錆は広がり続けます。錆止め塗料で進行を防いでからしっかり塗装を行う必要があります
アスファルトシングルは石粒の剥離を防ぐために塗装が必要
 表面に石粒が吹き付けられているアスファルトシングルは、劣化により石粒が剥離することがあります。石粒の剥離を防ぐには屋根塗装が有効ですが、屋根材の性質上油性塗料が使用できませんので、必ず水性塗料でのメンテナンスを行いましょう。
陸屋根は防水工事が必要
 勾配がほとんどない陸屋根は屋根材を使用しておりませんので屋根塗装は不要ですが、防水工事は必須です。トップコートと呼ばれるコーティングは塗装と思われていますが、専門は防水工事業者ですので適切なメンテナンスを行うためにも防水の種類と補修方法を把握しておきましょう。

 仕上げ色に関して参考になるかもしれませんので、気になる方はぜひこの先もチェックしてくださいね。
屋根の色の違いで異なる室内温度
 続いては皆さんが付加価値を求め選ぶ機能性塗料と関係のある内容です。当たり前になりつつある遮熱・断熱ですが仕組みの違いはご存じでしょうか?

遮熱= 暑さの原因でもある太陽熱を反射し熱吸収を抑え、熱放射を防ぐこと
断熱= 内部に伝わる熱を小さくすること
太陽熱を反射し 熱吸収を抑え 熱放射を防ぐ
断熱は内部に伝わる 熱を 小さくする
 上記のように遮熱・断熱の仕組みは根本が違いますので色は関係ないように思いますよね?しかしそもそもその色が持つ熱の吸収率を考えなければ室内温度は改善されないように思いませんか?

 黒は熱を吸収、白は反射、これは服装の色を決める時にも皆さん考えたことがあると思います。自動車メーカーからも白色と黒色の同車種を同じ場所に同じ時間置いておくと、黒色の自動車は白色よりも10℃近く車内温度が高くなると発表しています。屋根や外壁もそれらと全く同じ考えです。
黒い車は白い車より室内温度は10°高くなる
 「2階の部屋が暑いから遮熱塗料を使いたい」と良く耳にします。外壁との相性を考えた結果、屋根がブラック…では意味がないのです。暑さ対策を研究した遮熱塗料だからこそ機能を持たない通常塗料のブラックと比較すれば多少の効果は感じ取れるかもしれません。しかし遮熱塗料のブラックと通常塗料のホワイトであれば、恐らく通常塗料の方が遮熱効果よりも高い効果が期待できると思います。
遮熱塗料のブラックより通常塗料のホワイトの方が 遮熱効果よりも高い効果が期待できる
 色は不思議な効果を持ちます。しかし高温で美味しいお米を炊くために炊飯器の内側を黒くしている等、身近な生活の中でも色の効果は大きな影響を与えることがわかりますね。同じ考えで見れば室内が暑いのであれば白系の色を屋根塗装に選ぶのがベストです。
室内が暑いのであれば 白系の色を屋根塗装に選ぶのがベスト
 わかりやすく黒と白でご紹介しましたが、続いて現在人気の高い屋根塗装の仕上げ色とオススメの色をご紹介したいと思います。
屋根塗装でおすすめの色
屋根塗装のおすすめ色をご紹介します
 屋根塗装の色選びに関して気になるポイントといえば

美観性(汚れや苔が目立たないか)
外壁の色と相性が良いか
機能性を損ねないか(遮熱・断熱)
周辺環境に馴染むか

 かと思います。上記4つのポイントを押さえた人気の色・お薦めの色系統はこちらです。
人気のおすすめ色・グレー
 ブラックでは暑さが気になるしつまらない、そんな方々が選ぶことの多いグレー系(ダークグレー・ライトグレー)はホワイトに近づけるほど遮熱・断熱効果を損ないませんがホワイトよりも汚れも目立ちにくい仕上がりです。彩度が低く相性の悪い外壁の色もありませんのでどのような住宅でも「協調性・柔軟性」を感じさせる上品な仕上がりになります。
人気のおすすめ色・ブラウン
 ブラウンは、やはりブラックよりも遮熱・断熱効果に期待が持てるだけでなく柔らかい印象で「癒し・落ち着き」を与えます。イエロー系・ベージュ系の暖色系の色を外壁に使用したいという方々から高い人気を誇っています。
人気のおすすめ色・グリーン
 自然色として挙げられるグリーンは見る人に対しても「調和・安心・癒し」を与えます。外壁の色はしっかり考えないといけませんが、グリーンの屋根は汚れも目立ちにくく、淡色にすることで機能も損ないません
見本板で実色を確認しましょう
 屋根の色を決められる場合もい塗料メーカーによって色が異なる場合がありますので見本板を発注し実色を確認しましょう。

 この際に注意していただきたいのが【面積効果】です。色は小さな面積よりも大きな面積の方が明るく見える傾向があります。屋根は当然大きな面積になりますし、日光が当たることで一層明るく見えます。

 見ているカタログや見本板よりも若干明るくなるであろうことを見越して色を選びましょう
面積効果で小さな面積より大きな面積の方が明るく見える
色が人に与える心理効果

ブルーやレッドでの塗装を希望される方も多い
 ご紹介しました3色以外にもブルーやレッドが気になるという方も多いです。 
 新築・リフォーム時には新規屋根材を発注しますが、多くがブラック・ブラウン、あってグリーン・ブルーの4色程度しか用意されていない為、好きな色で塗り替えられるというのは嬉しいですよね?
 屋根にブルーやレッドなど個性を出す場合は、外壁は彩度の低いホワイト系やグレー系、もしくは屋根色と喧嘩しない同系色になるケースがほとんどです。
屋根と外壁の色の関係性
 少し視点は変わりますが、今度は機能性ではなく 色が人に与える心理効果をご紹介します。  選んだ色でどんな印象を与えるのかも見てみるとより一層色選びが楽しくなりそうですね。
ブルーは清潔・クール・落ち着きを与えます
 「清潔・クール・落ち着き」を与える他、寒色効果もあるブルー系ですが、近年ネイビーが非常に人気の高いカラーとして挙げられます。ブラック程ではありませんが適度な引き締め効果・清潔感を与え汚れも目立ちにくい色です。
レッドはパワフル・アグレッシブ、活発なイメージを与えます
 情熱の赤ともいわれるレッドは「パワフル・アグレッシブ」、活発なイメージを与えますが、少し深みを持たせるだけでエレガントさを感じさせます。「危険・注目」といった印象もあり赤信号で活用していますね。
イエローは明るさ、解放感を感じさせます
 「明るい・解放感」を感じさせるイエローは脳の回転も速くする効果があり集中力が高まる色としても知られます。と同時に、「注意喚起・奇抜」なイメージが看板や黄信号で役立っています。暖色ですので少し明度を抑えるだけで親しみやすい印象になりそうです。
ホワイトは清潔感や浮世離れした印象
 真っ白なホワイトの場合「清潔感」と同時に「浮世離れ」した印象も与えます。洋館やお城もホワイトが多いイメージですよね。それと同時に近寄りがたい印象も与えますので、少し柔らかい印象を与えたい場合はオフホワイトやアイボリーがお薦めです。 ※実際よりも大きく見せる効果もあります。
黒は高級感がありどんな色とも相性抜群
 同じものでも一際「高級感」を感じさせる色です。何も考えず選んだものがブラックだったという方は多いかと思いますし、どんな色とも相性は抜群です。 ※引き締め効果があるため、実際よりも小さく見せる効果があります。



原色は色あせしやすい傾向がある
 いくつかご紹介しましたが、恐らく皆さんが感じている色へのイメージは似通っているかと思います。また住宅に使用するケースはほとんどないと思いますが、原色は色あせしやすい傾向がありますし住宅全体のバランスを取るのが難しくなります。

 景観法や周辺環境への配慮もありますので、あまりにも 奇抜な色は避け、心理・イメージ効果、屋根・外壁とのバランスを考えながら色選びを楽しみましょうね
外壁との仕上がりは カラーシミュレーションで確認しましょう
 今回は屋根塗装の色選びとして塗料の機能性も踏まえご紹介させていただきました。急勾配屋根の住宅はより一層屋根の色を重要視するのですが、緩勾配屋根・狭小地住宅・3階建て住宅の場合は何となくで選ばれることが多いです。

 しかしせっかく足場を仮設し高い費用を払って塗装を行っているのであれば、塗料の機能も無駄なく発揮させていただきたいと考えています。特に遮熱・断熱効果を求めている方は少しでも熱吸収の少ないホワイト系の色を選ぶように見直してみましょう。
急勾配の屋根は屋根の色を重要視しましょう

緩勾配、狭小地住宅、3階建て住宅は熱吸収の少ないホワイト系がおすすめ

 また屋根が塗装で綺麗に仕上がっても外壁とのバランスが悪ければ台無しです。仕上がりのイメージがつかない、イメージチェンジを検討中という方はぜひカラーシミュレーションをご活用ください。淡色の屋根は外壁とのバランスが難しくなる傾向があるのは事実です。しかし色の配色・バランスが掴めれば「こういう家にしたい!」と周りの方が羨む家になること間違いなしです。
仕上がり後のイメージが確認できるカラーシミュレーション

カラーシミュレーションの例
 塗装の目的は塗膜保護ですが、見た目・機能性ももちろん大事です。色に関するお悩み、カラーシミュレーションを見てみたい、屋根補修と屋根塗装をセットで行いたいという方は お気軽に私たち街の屋根やさんへご相談ください

街の屋根やさんお薦めの高耐久・機能性塗料

 最後に私たち街の屋根やさんがお薦めする 高耐久の機能性塗料をご紹介したいと思います。せっかく塗装するのであれば便利な機能も欲しい!そんな方は一度チェックしてみてくださいね。
日本ペイント株式会社のサーモアイシリーズ

サーモアイのクールホワイトは全日射反射率91.0%
 塗料シェア国内No.1の日本ペイントが開発した遮熱塗料サーモアイは、上塗りだけでなく下塗り塗料にも遮熱機能を持たせる W遮熱で、クールホワイトの場合は日射反射率が91.0%と非常に高い遮熱効果を持っています。

 またサーモアイシリーズには外壁用や道路用等があり用途・施工箇所にあわせて遮熱効果を持たせることができます。 計40色とカラーバリエーションも豊富です。
株式会社ダイフレックスのダイヤスーパーセランマイルドIR

大規模且つ頻繁に塗装が行えない 施設や学校にも使用される高耐久塗料
 ダイフレックスのスーパーセランシリーズは、千葉マリンスタジアムなど 大規模且つ頻繁に塗装が行えない施設や学校にも使用される高耐久塗料シリーズです。

 硬膜で劣化しにくい無機塗料と柔軟な有機塗料のメリットを合わせたハイブリッド塗料のスーパーセランシリーズは 25年超の耐用年数で建物を守り続けます。暑さの原因ともなる顔料「カーボンブラック」を特殊な顔料に変えることで温度上昇を抑制しています。
株式会社日進産業のガイナ

イナには宇宙ロケットの技術を応用した 独自の技術が使われています
  ロケットの先端部で使われている塗布するだけで断熱効果を持たせる技術を応用して出来たのが日進産業のガイナです。

  断熱塗料として知られていますが、騒音・臭い・結露対策までまとめて出来る優秀な塗料です。内外装、窓ガラス用の塗料もありますので、家全体の断熱効果上昇に期待が持てる塗料です。

屋根塗装時の色選びに関するまとめ

●瓦・陸屋根以外の屋根を使用されている住宅は屋根材の劣化を防ぐためにも屋根塗装メンテナンスが必要不可欠です

●色はそれぞれ熱の吸収率が異なります。黒は吸収率が非常に高く熱くなりやすい為、遮熱塗料を使用しても高い効果が得られにくい可能性があります

●汚れが目立ちにくい、外壁と相性が良い、機能性を損ねず、周辺環境を気にしない人気の色はグレー系・ブラウン系・グリーン系です

●色が人に与える印象は全く異なります。機能性だけでなく好きな色、バランスを考えた色を楽しみながら選びましょう

●屋根を綺麗に塗装しても外壁との相性が良くないと落ち着きのない住宅になってしまいます。仕上がりイメージはカラーシミュレーションでしっかり固めていきましょう

●高耐久の遮熱塗料は年々増加しています。耐久性はもちろんカラーバリエーション、性能とコストを比較しながら決めていくことがオススメです

●塗料の性能を最大限発揮できるよう、また配色で後悔しないよう仕上げたいイメージをつかんで屋根塗装メンテナンスに臨みましょう


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら和歌山店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-948-983