オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

紀の川市の雨漏り調査でベランダの波板が飛ばされて防水も劣化!


「昨日の雨で、急に窓枠から雨水が入ってきたんです」「押入れの中を片付けていたら、天井に染みがあって荷物も濡れてたんです」「天井から雨水がポタポタ落ちてきてびっくりした」等、街の屋根やさん和歌山店には色んな雨漏りのご相談をいただきます。この記事では紀の川市にお住いのH様邸に発生した雨漏りの様子をご紹介します。「和室の天井で雨漏りしている」とお聞きし、調査をすると真上にあるベランダに設置されているテラスの波板がほとんど飛ばされていました。そしてベランダの床の防水も傷んで割れてることから、防水の劣化が原因で雨漏りした可能性が高く、防水の改修のご提案をしました。
紀の川市の和室の天井の雨漏り
雨漏りしている1階の和室の天井です。
壁と天井との取り合いから雨水がポタポタと落ちてきたそうで、壁際に雨染みが残っていますね。

このお部屋の真上にあるベランダに設置されているテラスの波板が台風の時にほとんど飛ばされてしまい、その時は雨漏りしていなかったそうですが、その後何日か経過したあと雨漏りしたそうです。
紀の川市のベランダの調査
雨漏りしている和室の上にあるベランダを確認しました。
H様邸のベランダは防水層の上に保護モルタルを敷いている形状です。

ベランダは外部に設置されているので、防水しないと雨水が下に回ってしまいます。防水の材料や工法は各住宅それぞれですが、必ず防水処置されています。このことから、防水している部分が傷むと、雨漏りに直結する危険性があるので、定期的なメンテナンスが必要です。
紀の川市のベランダの床に発生したひび割れ
H様邸のベランダを確認すると、床に大きなひび割れがいくつも発生していました。

ベランダの表面は保護モルタルを敷いていて、この部分だけが割れているだけなら、下に防水層が控えているので雨漏りしないのですが、ひび割れが防水層まで達していたり、防水層が傷んでいると雨漏りしてしまいます。
紀の川市のベランダの目地も割れています
防水層が紫外線などを受けて劣化するのを防ぐために保護モルタルを敷いているので、保護モルタルが割れると下にある防水層も同じように傷んできてしまいます。

床の目地もひび割れていました。
この目地は、モルタルの乾燥収縮の動きの力を分散させて、ひび割れを抑えるためのものです。
紀の川市のベランダの立ち上がりの壁にもひび割れが
ベランダの掃き出し窓の取り合いの立ち上がりの壁にもひび割れがありました。

この部分は掃き出し窓の下で、普段はあまり雨水があたらないのですが、ベランダに設置しているテラスの波板が飛ばされて屋根が無い状態なので、以前よりは雨水に晒されています。このようなひび割れからも雨水が入って雨漏りすることがあるのできちんと補修しないといけません。
紀の川市のベランダの手すり壁も割れています
ベランダの手すり壁も割れていました。

このように手すり壁や立ち上がり壁に発生したひび割れから雨水が浸入し、ベランダの床の内側に水が廻って雨漏りしていた事例もあります。
雨漏り修理のご提案の中に、ひび割れの補修も含めてお預けしました。
紀の川市のモルタル仕上げの笠木です
H様邸のベランダの手すりの頂部の仕上げはモルタル仕上げでした。(この部分の仕上げを笠木と言います)

笠木は雨水が壁に伝うのを防いだり、手すり壁や塀の天端から雨水が入るのを防ぐ役割があります。H様邸の笠木はモルタル仕上げで、もともと吸水性があるので雨水があたると少なからず染み込む可能性があります。上にアルミ製の笠木を取付けると防水性が向上します。
紀の川市のベランダの手すりの笠木からも雨水が入ります
モルタル仕上げの笠木にもひび割れが発生していました。

雨水が直接あたる天端がひび割れていると、雨漏りのリスクが高くなってしまいます。また、この手すり壁の天端は幅があるので雨水が滞在しやすく危険です。(雨水が滞在するということはその分雨水が入りやすいということです)

の川市の台風で波板が飛ばされました
テラスの波板が台風でほとんど飛ばされたので、雨水がベランダに直接落ちている状態です。そのため、普段は当たらない部分が雨水に濡れて雨漏りした可能性があります。テラスの波板を復旧すれば雨漏りが止まるかもしれませんが、ベランダの防水性は低下したままなので、ベランダの防水(ウレタン防水)とひび割れ補修、波板の張替のご提案となりました。

次の記事でベランダ防水前の躯体補修の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

紀の川市のベランダからの雨漏りでFRP防水をし直しました!

紀の川市の防水前のベランダ
紀の川市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP樹脂・トップコート他
築年数
約16年
建坪
約17坪
保証
3年
工事費用
約19.5万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

紀の川市のベランダからの雨漏りでFRP防水をし直しました!

紀の川市の防水前のベランダ
紀の川市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP樹脂・トップコート他
築年数
約16年
建坪
約17坪
保証
3年
工事費用
約19.5万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

紀の川市のベランダの躯体補修完了!

紀の川市の木造・2階建ての住宅でベランダの下にある和室の天井に雨漏りが発生し、ベランダを防水することになりました。経年劣化により生じたベランダの床や立ち上がり壁のひび割れを補修してからの防水です。ウレタン樹脂という液体状の防水材を防水面に塗...........

紀の川市の防水前のベランダ

紀の川市にお住いされているH様より雨漏りのご相談があり、現地を確認すると雨漏りしている和室の上に設置されているベランダの防水がかなり傷んでいて、そこが原因の可能性が高いことから防水をやり直すご提案となりました。この記事ではベランダ防水の前の...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505