オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

紀の川市の雨漏り修理でベランダ防水前に傷んだ箇所を修繕しました


紀の川市にお住いされているH様より雨漏りのご相談があり、現地を確認すると雨漏りしている和室の上に設置されているベランダの防水がかなり傷んでいて、そこが原因の可能性が高いことから防水をやり直すご提案となりました。
この記事ではベランダ防水の前の躯体補修(くたいほしゅう)の様子をご紹介します。

躯体補修とは、外壁などに発生したひび割れや浮き、剥がれなどを補修することです。ベランダを防水しても躯体の傷んだ部分は元に戻らないので、防水前にきちんと補修しないといけません。そうすることで防水性が向上し、寿命も長くなります。
紀の川市の防水前のベランダ
H様邸のベランダは、防水層という雨水の浸入を防ぐための層の上に保護モルタルを敷いた形状です。(保護モルタルは防水層を守るための仕上げです)
経年で、床面や壁の立ち上がり、手すり壁などにひび割れが発生し、防水性が低下している状態でした。
ひび割れが生じても下に控えている防水層が傷んでいなければすぐに雨漏りしませんが、H様邸はすでに雨漏りしているので、防水を施す必要があります。今回はウレタン防水を施すことになりました。
紀の川市のベランダの床に発生したひび割れ
ベランダの床に発生したひび割れです。

幅が広く深いひび割れです。下に控えている防水層は目に見えないので傷んでいるか確認できませんが、下のお部屋で雨漏りしているので、防水性が低下していると言えます。
紀の川市のベランダの手すり壁も割れています
手すり壁や立ち上がり壁も割れていました。

既存の床面や立ち上がり壁の上に防水を施工するのでこのようなひび割れは隠れて見えなくなりますが、防水前に補修しないと防水性を確保することができません。
紀の川市のケレン・清掃作業
防水する前に防水面をケレン・清掃します。

ケレンとはヘラや電動工具などを使用して、汚れやサビ、古くなった塗膜などを落とす作業のことです。
防水する面に汚れが付いていたり、剥がれかかった塗膜などがあるなど、下地が悪いまま防水をかけると後の不具合の原因になります。
紀の川市のケレン清掃
ヘラで汚れや苔などをそぎ落とし、きれいに清掃してから防水することで、防水層がしっかりと密着して長持ちします。

ベランダは外部に設置されているので、汚れが溜まりやすく劣化しやすい箇所です。
紀の川市の目地部プライマー塗布
ベランダ全体をケレン・清掃した後、躯体補修を行います。
写真は目地にプライマーを塗布している様子です。目地や床、壁に発生したひび割れを補修するためにシーリングという防水材を使用するのですが、しっかりと密着させるために接着効果のあるプライマーを塗布します。充填したシーリングがすぐに浮いてくると元も子もないので、段階を踏んで耐久性を確保していきます。
紀の川市の手すり壁目地プライマー塗布
ベランダの手すり壁の目地にもプライマーを塗布します。

手すり壁の上部は防水をかけないので、シーリングがきれいに仕上がるように両側にマスキングテープを貼って養生してからの作業です。
紀の川市のベランダの立ち上がり壁取り合い部プライマー塗布
ベランダの床と立ち上がり壁との取り合いにもシーリングを充填します。
立ち上がり壁との取り合いが劣化すると雨漏りの原因になりやすいので、念には念を!防水する前にシーリングを充填し、二重で保護します。
紀の川市のベランダの床のひび割れ補修
床のひび割れにもプライマーを塗布してからシーリングを充填して補修しました。

シーリングをひび割れの奥まで充填するために、ヘラで押さえます。
紀の川市のベランダの床の目地にシーリング充填
目地にもシーリングを充填します。

目地は建物が外部からの力を受けた時(地震など)に力を分散させてひび割れを集めるためのものなので、揺れた時に動くように弾力のあるシーリングで処置しないといけません。(目地は、他にもコンクリートやモルタルが乾燥する時に割れないようにする意味合いもあります)
紀の川市のベランダの立ち上がり壁取り合い部シーリング充填
今回はウレタン樹脂という液体状の防水材を塗布して防水層を形成する防水工法です。床面から壁の立ち上がりまで一体性のある防水層をつくるので、壁の立ち上がりの防水するラインにマスキングテープを貼りました。
立ち上がり壁と床の取り合いにもシーリングを充填して事前に防水しました。
紀の川市のベランダの躯体補修完了!
躯体補修完了です。
床面や目地、立ち上がり壁の取り合い部にシーリングを充填し、ひび割れもきちんと補修しました。
この状態になって初めて防水を施工することができます。
防水工事は奥が深いもので、段階を踏んで防水しないと防水性が向上しません。街の屋根やさん和歌山店は、防水専門の職人が作業しますので安心してお任せください!目に見えない作業部分はカメラで撮影して工事完了後にお預けしています。

次はベランダのウレタン防水の様子をご紹介します。

この現場ブログの現地調査はこちら(紀の川市の雨漏り調査で波板が飛ばされて防水も劣化!) 

この現場ブログのウレタン防水材施工の様子はこちら(紀の川市の雨漏りしていたベランダにウレタン防水施工)

同じ工事を行った施工事例

施工事例

紀の川市のベランダからの雨漏りでFRP防水をし直しました!

紀の川市の防水前のベランダ
紀の川市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP樹脂・トップコート他
築年数
約16年
建坪
約17坪
保証
3年
工事費用
約19.5万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

紀の川市のベランダからの雨漏りでFRP防水をし直しました!

紀の川市の防水前のベランダ
紀の川市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP樹脂・トップコート他
築年数
約16年
建坪
約17坪
保証
3年
工事費用
約19.5万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

紀の川市のベランダの躯体補修完了!

紀の川市の木造・2階建ての住宅でベランダの下にある和室の天井に雨漏りが発生し、ベランダを防水することになりました。経年劣化により生じたベランダの床や立ち上がり壁のひび割れを補修してからの防水です。ウレタン樹脂という液体状の防水材を防水面に塗...........

紀の川市の和室の天井の雨漏り

「昨日の雨で、急に窓枠から雨水が入ってきたんです」「押入れの中を片付けていたら、天井に染みがあって荷物も濡れてたんです」「天井から雨水がポタポタ落ちてきてびっくりした」等、街の屋根やさん和歌山店には色んな雨漏りのご相談をいただきます。この記...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505