オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

紀の川市で鬼瓦の漆喰塗補修工事を行い綺麗で丈夫な漆喰へと変身!


みなさんこんにちは!
今回は紀の川市在住のH様邸の【いぶし瓦の漆喰塗補修工事】をご紹介していきたいと思います!
その前に前回紀の川市在住H様邸いぶし瓦の調査についての現場ブログも更新していますので
前回の記事をご覧になっていない方、もしくはもう一度ご覧になりたい方はこちらのリンクからご覧になれます。

それでは紀の川市在住H様邸の『いぶし瓦の漆喰塗補修工事』についてご紹介します★

紀の川市在住H様邸 工事前に足場を組みます

紀の川市で鬼瓦の漆喰補修を行うために足場を設置していきます
紀の川市で鬼瓦の漆喰補修を行うため、足場を組みます
漆喰塗補修工事を行う前にまずは足場を組みます。
高さ2メートルを超える場所での作業は、足場などの作業床の設置が必要となります!
足場は運搬・組み立て・解体を含めると結構な料金になりますが、安全で高品質な工事をするには必ず必要です

しかし、1つの工事だけでそんな高い足場を組むのは…と感じる方も多いと思います。
そんな方は、足場が必要な工事をまとめて行うことをおススメします!
工事を2回に分けると足場も2回組まないといけませんが、工事をまとめて行う1回分(約15~25万円)お得になります!
詳しくはこちらのページでご説明しますので、よろしければご覧ください!

ちなみにH様も漆喰塗補修工事以外に外壁塗装工事も行います★

漆喰塗補修工事の様子をご紹介します!

紀の川市での瓦の調査を行い鬼瓦について何かを説明するのに使用した写真
前回もご説明させていただいたのですが、鬼瓦とはこちらの写真のような部分にある装飾瓦になります。
鬼の顔をしたものや、シンプルな造形のものあります。

では紀の川市在住H様邸
鬼瓦の裏部分の漆喰補修工事の様子をご覧ください!
紀の川市で鬼瓦の漆喰補修で古くなった漆喰を丁寧に取り除いていきます
まずは、古くなった漆喰を全て取り除いていきます。
古い漆喰を残したまま新しい漆喰を詰めてしまうと、すぐに剥がれてしまいます
紀の川市で鬼瓦の漆喰補修で古くなった漆喰を丁寧に取り除き新しく漆喰を詰めていく前の写真
古くなった漆喰を全て取り除いた後の写真です!
綺麗に取り除けたのでいよいよ漆喰を詰めていきたいと思います
紀の川市で鬼瓦の漆喰補修で漆喰にシルガードを使用していきます
今回使用する漆喰は馬場商店で売られている「シルガード」と呼ばれるものです。
シルガードは防水剤を添加する事で吸水率を低減することができ、強度と耐久性に優れた商品になっています。
紀の川市で鬼瓦の漆喰補修で漆喰にシルガードを使用し詰めている様子の写真
鬼瓦と棟瓦の接合部分に職人が漆喰を詰めていきます。
漆喰を隙間なく詰めて、さらに表面も綺麗に詰めていくのはとても難しいといわれます。
まさに職人技と言えますね
紀の川市で瓦に詰められている白い部分(漆喰)を新しく詰めました
漆喰を詰めたあとの写真です。
鬼瓦は漆喰と銅線で固定しています。なので鬼瓦が浮いて落下しないように詰めていかないといけません
また鬼瓦部分の漆喰は雨水にあたりやすく、直射日光も当たりやすいので、すぐに劣化しないよう他の部分よりも厚めに詰めています。
紀の川市で瓦の漆喰が取れて土が見えており、新しく漆喰を詰めていきます
つづいてはこちらの部分にも漆喰をつめていきます。
漆喰が全て無くなっていたので古い漆喰の取り外しは行わずにそのまま漆喰を詰めていきます。
紀の川市で瓦の漆喰が取れて土が見えてたところをシルガード(漆喰)で詰めました
こちらの部分も鬼瓦と同様に雨水や日光に当たりやすい部分なので厚めに漆喰を詰めました。
紀の川市で鬼瓦の漆喰を詰めたあと、継ぎ目に防水のためにコーキングを充填していきます
漆喰を詰めた後は、瓦と漆喰のつなぎ目から雨水が侵入するのを防ぐために「瓦止太郎」というコーキング材を充填していきます。
「瓦止太郎」は接着後、弾力性を保つ効果があるのでズレや振動に強く、瓦の飛散やひび割れを防止することができます。

コーキングという言葉を初めてお聞きする人も多いと思います。
詳しくはこちらのページでご説明していますのでよろしければご覧くださいね
紀の川市で瓦の漆喰(白い部分)を詰め直し、瓦と漆喰の間をコーキング材で充填しました
こちらの漆喰部分にもしっかりとコーキング材を充填し、より強い漆喰を作ることができました。
紀の川市で鬼瓦の漆喰補修で漆喰にシルガードを使用し完成した写真
紀の川市で瓦の漆喰補修した時の完成写真
漆喰塗補修工事が完了致しました。写真以外に漆喰の剥がれていた部分も綺麗に詰め直しています。
これで雨漏りや瓦のズレ、鬼瓦などの落下などの心配がなくなります!
しかし、漆喰は20年前後で劣化してきますので、メンテナンスはしっかりとしておきましょう★

こちらのページでは漆喰以外にもメンテナンスの時期を詳しくご紹介しています!
695076-columns1
紀の川市在住のH様邸の【いぶし瓦の漆喰塗補修工事】をご紹介しました。
屋根に瓦が使われているご家庭で20年以上漆喰の工事を行っていない方は一度点検してはいかがでしょうか?
街の屋根屋さん和歌山店では無料点検を行っていますのでお気軽にご連絡ください。

只今、オンラインでのご相談も行っていますオンラインにて屋根工事の無料相談・ご提案を実施

リフォームするのが初めての方はこちらでリフォーム施工の流れについて記載してますので一度ご覧ください

次回は外壁の補修工事をご紹介します♫
e788bb3ac0098426d9d5b3e5bb9fa746-simple
フリーダイヤルでのお問い合わせは📞0120-948-983  
9時~19時まで受付しております!
屋根工事以外にも街の屋根屋さん和歌山店では様々な工事を行っております!
詳しくはこちらのリンクへどうぞ(*^-^*)
街の屋根やさん コロナ対策
街の屋根やさん和歌山店ではコロナ対策もしっかりと行っています!
詳しくはこちらのリンクへどうぞ!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

紀の川市でいぶし瓦でできた鬼瓦の漆喰塗補修工事の様子をご紹介

紀の川市での鬼瓦の漆喰塗補修工事のビフォー
紀の川市で鬼瓦の漆喰補修で漆喰にシルガードを使用し完成した写真
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰シルガード、コーキング
築年数
築約30年
建坪
約19坪
保証
2年
工事費用
漆喰塗補修工事・・約11.7万 足場費用・・約22万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

紀の川市でモルタル外壁の外壁塗装と付属部塗装を行いました

紀の川市でいぶし瓦の漆喰塗り・外壁塗装を行う前の全体を撮った写真
紀の川市で外壁塗装と付属部塗装をして耐久性がアップしたモルタル外壁!
工事内容
外壁塗装
その他塗装
使用素材
コーキング、プライマー、フィラー、各種塗料、トップコート
築年数
築約30年
建坪
約19坪
保証
5年
工事費用
約170万円(足場費用抜き)
施工事例

紀の川市でいぶし瓦でできた鬼瓦の漆喰塗補修工事の様子をご紹介

紀の川市での鬼瓦の漆喰塗補修工事のビフォー
紀の川市で鬼瓦の漆喰補修で漆喰にシルガードを使用し完成した写真
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰シルガード、コーキング
築年数
築約30年
建坪
約19坪
保証
2年
工事費用
漆喰塗補修工事・・約11.7万 足場費用・・約22万円(税込)
施工事例

紀の川市のベランダのひび割れを修理しウレタン防水を施工!

紀の川市の劣化したベランダ
紀の川市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
シーリング材・カチオンクリート・ウレタン樹脂防水材
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約28万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

紀の川市での瓦の調査を行うと鬼瓦の漆喰がすべて取れて無くなっており土が見えていました

紀の川市在住のH様より街の屋根屋さん和歌山店のHPをご覧になって頂いたようでご連絡をいただきました!ご連絡の内容は「築30年程経過している家なので屋根の瓦がズレていないか一度見てもらいたい。」とのことでした。現場調査の日程を決め、私たちは紀...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら和歌山店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-948-983