オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

紀の川市のベランダからの雨漏りでFRP防水をし直しました!


工事のきっかけ

紀の川市にお住いされているM様より雨漏りのご相談をいただき、調査後にベランダの防水を行いました。M様邸は木造・2階建てで、雨漏りしているのは1階の和室の天井と押入れの中です。真上にはベランダがあり、確認すると、防水が傷んできている状態でした。雨水は屋根から入るだけでなく、外壁や窓、ベランダなどからも浸入します。特にベランダは外部に設置されていることから防水を施していますが外気の影響で傷みやすい箇所です。M様邸のベランダにはテラス屋根がなく雨が直接あたる形状なので雨漏りのリスクが高い状態でした。防水工事では、劣化した防水層を撤去し、既存と同じFRP防水を施しました。その後、雨漏りが止まり安心しています、とのご報告がありました。

紀の川市 雨漏り修理,防水工事

ビフォーアフター

before
紀の川市の防水前のベランダ
horizontal
after
紀の川市のベランダ防水完了

工事基本情報

施工内容
雨漏り修理,防水工事
施工期間
3日間
使用材料
FRP樹脂・トップコート他
施工内容その他
築年数
約16年
保証年数
3年
工事費用
約19.5万円(税込み)
建坪
約17坪
ハウスメーカー

雨漏り状況

紀の川市の和室の天井と押入れに雨漏り発生
雨漏りしている1階の和室です。

この和室は天井と壁にクロスを貼った仕上げです。
「天井から雨漏りし、何度か繰り返しているうちにクロスがめくれてきた」とお聞きしました。
このままでは天井を見るたびにクロスの剥がれや雨漏りが気になってしまいますね。

クロスは専用の糊で接着しているので、何度も水に濡れると接着力が弱くなって剥がれてきてしまいます。
紀の川市の押入れの天井から床まで濡れています
押入れの中の天井にも雨水が廻り、壁を伝って床まで濡れていました。

押入れの中の壁のクロスも上段・中段・下段すべて剥がれてきていることから、浸入した雨水の量が結構多いことが伺われます。

「内装の工事もしたい」とのご希望で、雨漏り修理後に雨漏りがきちんと止まったのを確認してから内装も改修することになりました。

ベランダの現況

紀の川市のFRP防水のベランダです
M様邸のベランダは、下にお部屋があるので防水処置されています。防水の工法はいくつか種類がありますが、その中の「FRP防水」が施されていました。

FRP防水は、硬化剤を混ぜた液体状の不飽和ポリエステル樹脂をガラス繊維などの補強材に染み込ませて一体化させた塗膜防水のことです。簡単にお伝えすると、液体状の樹脂をマット状のガラス繊維に含ませて固めることで形成する防水層(防水用のプラスチック)のことです。
紀の川市のベランダの剥がれや割れの劣化症状
M様邸のベランダの状況を確認すると、表面の保護塗膜がひび割れ、剥がれてきている状態でした。

FRP防水は、紫外線に直接あたると劣化が進むので、劣化を遅らせるために表面に保護塗料(トップコート)を塗って仕上げています。トップコートが傷むと下に控えているFRP防水が紫外線に晒されて重要な防水層まで割れてしまいます。
M様邸はこの真下のお部屋で雨漏りしているので、防水層まで劣化が及んでいる可能性があります。
紀の川市のベランダが全体的に傷んでいます
M様邸はベランダが全体的に傷んでいる状態でした。

5年~6年に一度の間隔でトップコートが傷む前に塗り替えると防水層が保護されて長持ちするのですが、M様邸は雨漏りしてしまったので、防水層からやり直す工事をしないといけません。(防水層が傷んでいるのトップコートを塗り替えるだけではまた雨漏りが再発してしまいます)

FRP防水工事の様子

紀の川市のベランダのFRP防水めくり
防水のメンテナンスは基本的に既存と同じ防水工法を用いて行います。異なる防水工法で行う場合は、使用する防水材の相性が悪いと剥がれなどの不具合を引き起こすので、新たに下地を設置しないといけません。
M様邸は既存と同じFRP防水で工事を行います。

雨漏りを止めるために、既存の防水層を撤去していきます。
FRP防水は繊維で補強したとても強いプラスチックのことで、ベランダを防水するために立ち上がり部から床にかけてプラスチックに覆われていることになります。その防水層をめくっていかないといけません。
紀の川市のベランダFRP防水不良部目粗し
既存の防水層をめくってから、グラインダーという電動工具を使用して、表面を目粗しします。

目粗しとは木部や鉄部などの表面に細かい傷をつける作業のことです。目荒らしすると、この上に施す防水層が密着しやすくなります。
紀の川市のベランダの清掃とアセトン拭き
目粗ししたあと、防水を施す面をアセトンで拭き掃除します。
アセトンは油脂を溶かす効果があります。表面の油分を取り除かないと、せっかく形成した防水層が剥がれる原因になってしまうので、目に見えない部分ですが、手を抜かずきちんと掃除します。
紀の川市のベランダにプライマー塗布
アセトンで拭き掃除して下地を整えた後、プライマーを塗布します。

プライマーはこの上に塗布するFRP樹脂をしっかりと密着させるための工程になります。
アセトン拭き掃除、プライマーの塗布、どちらを省いても防水層が剥がれる原因になるので、長持ちさせるためにも丁寧に作業を進めます。
紀の川市のベランダにFRP防水下塗り
硬化剤を混ぜた不飽和ポリエステル樹脂を立ち上がり部から床にかけて塗布します。

この樹脂とガラス繊維マット(補強材)とを一体化させたものが「FRP樹脂」になります。
紀の川市のベランダにFRP防水のガラスマット張り
続いてガラス繊維マットを貼っていきます。

ガラス繊維マットを敷き、樹脂をたっぷりと染み込ませたローラーを転がしてガラス繊維マットを貼っていきます。この工程で樹脂とガラス繊維マットが一体化されて、頑丈なFRP樹脂の防水層が形成されます。
紀の川市でローラーで脱泡
ガラス繊維マットを貼った後からすぐに、硬いローラーで中に入った空気を抜いていきます。

この工程を「脱泡」と言います。空気を抜かないと、FRP樹脂の中に空洞ができたままの状態で硬化するので、健全な防水層ができません。
FRP樹脂はすぐに硬化が始まるので、貼った後すぐに脱泡しないといけません。
紀の川市のベランダにガラスマット貼り2回目
ガラス繊維マットを貼ってから、もう一度ガラス繊維マットを貼り重ねます。

FRP樹脂は強度のあるプラスチックですが、規定の厚みを満たさないとその性能を活かすことができないので、厚みを持たせるためにも重ね貼りしないといけません。
紀の川市のベランダに中塗り
FRP樹脂を乾燥させてから、最後に保護塗料を塗布して仕上げます。

この作業はFRP樹脂を紫外線や外気の影響から守る工程になります。(中塗り)
紀の川市のベランダにトップコート塗布
保護塗料を乾燥させて、もう一度塗装します。(トップコート)

中塗りとトップコートは呼び方が違いますが同じ塗料です。トップコートは一番上に塗る塗料のことです。
紀の川市のベランダ防水完了
トップコートを乾燥させて、ベランダ防水工事完了です。

FRP防水は丈夫で割れにくく、継ぎ目のない防水層を形成でき、また、軽量なので建物に影響を与えることなく施工できます。ですが、硬いがゆえに伸縮性がほとんどなく、大きな地震の揺れを受けると割れる可能性もあります。メリットとデメリットをふまえて、いいところを伸ばすように定期的にメンテナンスしましょう。

【工事完了後】

紀の川市のベランダ防水完了

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

紀の川市のベランダの躯体補修完了!

紀の川市の木造・2階建ての住宅でベランダの下にある和室の天井に雨漏りが発生し、ベランダを防水することになりました。経年劣化により生じたベランダの床や立ち上がり壁のひび割れを補修してからの防水です。ウレタン樹脂という液体状の防水材を防水面に塗...........

紀の川市の防水前のベランダ

紀の川市にお住いされているH様より雨漏りのご相談があり、現地を確認すると雨漏りしている和室の上に設置されているベランダの防水がかなり傷んでいて、そこが原因の可能性が高いことから防水をやり直すご提案となりました。この記事ではベランダ防水の前の...........

紀の川市の和室の天井の雨漏り

「昨日の雨で、急に窓枠から雨水が入ってきたんです」「押入れの中を片付けていたら、天井に染みがあって荷物も濡れてたんです」「天井から雨水がポタポタ落ちてきてびっくりした」等、街の屋根やさん和歌山店には色んな雨漏りのご相談をいただきます。この記...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505