オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

紀の川市でモルタル外壁の外壁塗装と付属部塗装を行いました


工事のきっかけ

紀の川市在住のH様より「屋根の瓦の調査をしてほしい。」とご連絡いただき、現場調査へ行ったのですが、外壁に多数のクラック(ひび割れ)ができていたのに気づき、ベランダも劣化していたのでH様に伝えたところ屋根の工事以外にも外壁塗装工事とベランダのトップコート塗布も行うことになりました。

紀の川市 外壁塗装,その他塗装

ビフォーアフター

before
紀の川市でいぶし瓦の漆喰塗り・外壁塗装を行う前の全体を撮った写真
horizontal
after
紀の川市で外壁塗装と付属部塗装をして耐久性がアップしたモルタル外壁!

工事基本情報

施工内容
外壁塗装,その他塗装
施工期間
15日
使用材料
コーキング、プライマー、フィラー、各種塗料、トップコート
施工内容その他
築年数
築約30年
保証年数
5年
工事費用
約170万円(足場費用抜き)
建坪
約19坪
ハウスメーカー
和歌山県在住の皆様、こんにちは(*^^*)
今回の施工事例は、紀の川市在住H様の『付属部を含む外壁塗装工事』『ベランダのトップコート塗布』についてご紹介したいと思います。
紀の川市在住H様より「屋根瓦の無料点検」のご連絡をいただき、現調へお伺いしたところ、外壁にクラック(ひび割れ)が発生していました。さらにベランダのトップコートも劣化し汚れていたので、H様にお伝えすると、
「屋根の工事を含め、外壁塗装やベランダの補修もお願いします。」とのことだったので、一緒に工事することになりました。

屋根の工事(いぶし瓦の漆喰塗補修工事)についての施工事例もご紹介しています。
ご覧になりたい方はこちらのリンクから読むことができます!


それでは紀の川市在住H様邸『付属部を含む外壁塗装工事』『ベランダのトップコート塗布』の施工事例を
ご紹介していきます!

紀の川市在住のH様邸 外壁・ベランダの劣化状況

紀の川市で屋根の調査を行ったら軒天の下にある母屋部分にクラック(ひび割れ)ができていました
こちらは軒天の下から【母屋】と呼ばれる木材が出ているのですが、その母屋が出でいる外壁にクラックができていました。
写真ではわからないですが、軒天部分も数か所クラックがありました。

※母屋とは屋根の構造部材で屋根を支えている木材です。

軒天についてはこちらのページで詳しくご紹介します!
紀の川市で屋根の調査で破風部分を見てみると数か所クラック(ひび割れ)がありました
こちらは、【破風‐はふ‐】と呼ばれる部分のクラックの状態です。
破風とは屋根の建築構造材の一つで、耐風・耐火性能を高めるなどの役割があります。

破風についてこちらのページでもっと詳しくご紹介していますよろしければご覧ください♫
紀の川市で外壁を調査するとモルタルの壁にある誘発目地にひび割れが発生しておりました
誘発目地にもクラックができていました

紀の川市在住のH様邸はモルタル外壁なのでモルタルの乾燥収縮を想定し、クラックが入りそうな所にあえて目地をつくり、他の場所へのクラックを抑制します。

ですが誘発目地にクラックができてそのままにしていると、クラックの隙間から雨水が侵入し、雨漏りの原因にもなりますし、建物自体の強度も落ちてしまいます
なので皆さんの家の外壁で誘発目地のある方は、一度ご確認してみてはいかがでしょうか?
紀の川市の外壁を見てみるとチョーキング現象が起こっており、手で触って確認しました
紀の川市の外壁を手で触ってみると白くなりましたこの現象をチョーキング現象(白亜化現象)と言います
紀の川市在住H様邸の外壁を触ると、手の平が白くなりました。
この現象を【チョーキング現象】といい、外壁の劣化現象の一つです。
外壁の塗料が劣化し、粉状になって剥がれてきていることを表します。
このまま放置していると、塗膜の防水性が低下し、カビや苔・ひび割れの原因にもなります。

なのでこのチョーキング現象が起きているご家庭は外壁塗装を行い防水性をアップさせましょう!
紀の川市でベランダの床(防水層)が汚れていました
こちらはベランダの劣化状況です。

防水層に汚れが目立ち、防水層の上に塗られているトップコートが劣化していました。
このまま放置し、トップコートが剥がれると、防水層が劣化し、雨漏りの原因にもなります
なので今回、防水層を保護するために上からトップコートを塗ることになりました。

紀の川市在住H様邸 調査結果と工事のご提案について

88c47e3e8dd33a7245b3e6ea831e7ed0-columns2
漆喰が劣化し数か所無くなっていた

外壁に多数のクラックがでできていた

ベランダのトップコートが劣化していた
95e3b7bcbfe5a8ebc39935ee306dd221-columns2
漆喰が劣化し外れた部分の漆喰塗補修工事

クラックの修理・外壁塗装工事
 (付属部塗装を含む)

ベランダの洗浄・トップコート塗布

紀の川市在住H様邸 クラック補修工事の様子

外壁塗装を行う前に必ず外壁にできたクラックを補修しないといけません!

クラックを補修せずに外壁塗装をすると、内側にあるクラックが表面の塗膜に伝導し、再びクラックを起こしてしまうからです
そうならないためにまずは、クラックの補修を行っていきます。
紀の川市で外壁塗装と付属部塗装をして耐久性がアップしたモルタル外壁!
こちらはクラックが起きていた、誘発目地部分の補修の様子です。
誘発目地の埃や汚れをハケで取り除いた後、プライマーを誘発目地に塗っていきます。

プライマーを塗った後、コーキングを充填していくのですが、そのコーキングが誘発目地やクラックにしっかりと密着するために接着材としてプライマーを塗っています。
ちなみに今回はボンド シールプライマー#7Nを使いました。


紀の川市で外壁の補修工事でノンブリードのシリコンコークを使用しました
プライマーを塗り、今回はノンブリードタイプのコーキングを充填しました。

コーキング材には可塑剤(かそざい)と呼ばれる柔軟成分を含み、変色したり表面がベタついて汚れやすくなります。この現象を【ブリード現象】と言い、塗装後にブリード現象が起こらないよう、ノンブリードタイプのコーキングを使用していきます

コーキングにはたくさん種類があり、コーキングを充填する場所によって使われるコーキングは違います。
こちらのリンクではコーキングについて詳しくご紹介していますのでご覧ください!
紀の川市で外壁の補修工事でノンブリードのシリコンコークを使用しヘラでならしている写真
コーキング充填後ヘラなどを使ってコーキング材を抑えていきます。
コーキングをしっかりと抑えてならすことで、誘発目地とコーキングとの隙間が無くなり、防水力と強度がアップします!
このような手順で、クラックを起こした全ての誘発目地にコーキングを充填していきます。

誘発目地以外にも付属部の周りや外壁にできた補修が必要なクラックにも、ノンブリードタイプのコーキングを充填していきます。
付属部周りのコーキングは、防水力を高めるために充填しています。
紀の川市で外壁塗装工事を行うので付属部周りにもコーキングを充填しました
紀の川市で外壁の補修工事で軒天にあったクラック(ひび割れ)にコーキングを充填しました

ノンブリードタイプでは無いコーキングだとどうなる・・・?

紀の川市で外壁の補修で行った時にブリージングを起こしているコーキングがありました
紀の川市在住のH様邸でこのような汚れが数か所見られました。
これはブリード現象が起きているコーキングです。
なぜこのような丸い形でブリード現象が起こっているのかというと、過去にH様邸で足場を組んだことがあり、足場解体事に、控え部材(足場と建物を繋ぐ部材)を撤去するのに穴があきます。
その穴を防ぐためにコーキングを充填したのだと思います。

紀の川市在住H様邸 高圧洗浄の様子

紀の川市で外壁塗装行うためにこの高圧洗浄機を使用していきます
クラック補修工事が終わると、次に高圧洗浄機を使って外壁についてる、古い塗膜や、カビや苔などの汚れ、チョーキングの粉などを洗い落とします。

紀の川市で外壁塗装を行うので塗装前に高圧洗浄機で洗浄していきます
高圧洗浄機で外壁を洗浄している写真です。

高圧洗浄を行うことで外壁に塗膜がしっかりと密着するようになります。
紀の川市でベランダにトップコート塗布するので高圧洗浄機でベランダを洗浄します
今回紀の川市在住のH様邸ではベランダのトップコート塗布も行うので、ベランダも高圧洗浄機で洗浄しました!


高圧洗浄終了後、しっかりと乾燥させてから塗装します。

紀の川市在住H様邸 外壁塗装の様子

紀の川市で外壁塗装と高圧洗浄を行うので養生し、汚れを防止します
高圧洗浄機で洗浄し乾いた後、塗料が窓や雨戸等に付かないようビニールと養生テープを使って養生していきます。

他にも玄関扉やベランダの手すり、雨樋(あまどい)など汚れてはいけない部分すべてに養生しています。

雨樋とはどこの部分?
こちらのページをご覧ください
紀の川市で外壁塗装で下塗りを行う前にパターン付けをします
紀の川市在住H様邸ではモルタル外壁なので、凸凹した柄になっています。

コーキングを充填した場所で普通に塗料を塗ってしまうと、柄が無く平らな見た目になってしまうので、そこだけが目立ってしまいます。
そうならないように周囲の外壁に似た模様をつける『パターン付け』を行い誘発目地をなじませます。
紀の川市で外壁を塗装する前に付属部分にもパターン付けをおこないました
付属部周りのコーキングにもパターン付けをしています。
9fe01e69de8b46b7cbcc217183b6b79e-simple
セメントと砂と水でできたモルタルで塗り固められた外壁です

モルタル外壁は遮熱性や耐火性・耐久性に優れており、温度が上昇しても熱くなりにくく、強風などで物が当たっても、簡単に破損しないメリットがあります。
しかし、モルタル外壁は防水性能は低いので、ひび割れや剥がれなどが起きやすいです。
紀の川市で外壁塗装で外壁の下塗りでセラ・トーシツプラスのフィラーを使って塗装していきます
パターン付けが終わると、下塗りを行います。
今回使用した塗料は、ダイフレックスの『セラ・トーシツプラス』というフィラーを使用しました。

『セラ・トーシツプラス』無機透湿微弾性のフィラーで、雨水を通しにくく、水蒸気を外に逃がす効果があるので、熱膨れの原因となる水分を排出します!また、微弾性なので小さいクラックは隙間を埋めることができ、伸縮してクラックを起こしにくくしてくれます。


フィラー…モルタル外壁など下地に凸凹の段差などがある場合、平滑にならすために使用される下塗りの塗料です。

熱膨れ…塗膜内に水蒸気ができ、柔らかくなった塗膜を押し上げて塗膜を浮かせてしまう現象

外壁塗装での塗料について詳しくご覧になりたい方はこちらのページでもご紹介しています。
よろしければご覧ください(*^-^*)

紀の川市の外壁塗装でセラ・トーシツプラスのフィラーを使っていくのに、主剤と硬化剤を撹拌している写真
つづいて中塗り・上塗りにはこちらのダイフレックスの『ダイヤ スーパーセランフレックスのグレー色を使用します。

こちらの塗料は主剤(金色の缶)と硬化剤(銀色の缶)があり、これらを一緒に撹拌してからモルタル外壁に塗っていきます。

紀の川市で外壁塗装で外壁の中塗り・後塗りをしている写真
『ダイヤ スーパーセランフレックス』の塗料は耐候性・透湿性がとても高いです。

耐候性が高い➡建物の美観を長期に維持できます。
浸透性が高い➡塗料がしっかりと外壁へ入り込んでくれます。

他にも雨水で汚れを落とす特徴があり、汚れも付きにくく、柔軟性にも優れているので、コーキングの上に施工した時にその部分にクラックが発生するリスクも減らします。また、防カビ・防藻性もあるのでカビや藻の発生を抑えることもできます。

塗料の性能を充分に発揮し、強い塗膜を作るために中塗り・後塗りと2度塗っていきます。

紀の川市の外壁塗装工事で塗装工事が完了した写真
外壁塗装の完成写真です。写真では白く見える方が多いと思いますが、実際はもっとグレー色に見えます。

外壁塗装で色を選ぶ際、色見本をご覧いただきお客様に選んでいただくのですが、塗装職人と話をしてた時に塗装職人が
「色見本よりも外壁は面積が広くなるので、色見本より実際薄くなりますねと話していました。
なので、色見本よりも明るく仕上がるので、色をお選びいただくときは、そのことを参考にしていただけたらと思います

続いてはベランダのトップコート塗布と付属部塗装を行います。

紀の川市在住H様邸 ベランダのトップコート塗布

紀の川市でベランダのトップコートが劣化していたので新しくトップコートを塗っていきます
高圧洗浄後、トップコートを塗布していきます。

トップコートの下には防水層があり、防水層は防水性はありますが紫外線には弱いという特徴があるので防水層を紫外線から守るためにトップコートを塗布します
紀の川市でベランダのトップコートが劣化していたのでトップコートを新しく塗りました
トップコート塗布が完成しました!
汚れて黒くなったベランダの床が、綺麗になりました
これで防水層を紫外線から守ることができ、防水層の劣化も防ぐことができました

回トップコート塗布の様子でしたが、街の屋根屋さんではベランダの防水工事も行っています!
ご検討の方はこちらのページをご覧ください!ベランダの防水工事についてご紹介しています♫

紀の川市在住H様邸 付属部塗装の様子

紀の川市で外壁塗装後付属部分である母屋(もや)も塗装を行いました
紀の川市在住H様邸では付属部塗装として『母屋・雨樋・鼻隠し・破風・軒天・雨戸のシャッター等』を塗装しました。
それぞれ名前を言われてもどこの部分なのかわからない方はたくさんいると思います。
なのでこちらのページでそれぞれどこの部分なのか紹介します!

母屋の場所について(垂木についてのリンクですが母屋の場所も載っています)

こちらは母屋部分に下塗りを行っている写真ですが、母屋は木材なので塗装の際に【防腐剤】を塗っています。
紀の川市で外壁塗装後付属部分である母屋(もや)も塗装の中塗りをブラックで行いました
母屋部分の中塗り・上塗りはブラック色で仕上げました。
塗膜が薄くなって木目が見えていましたが、綺麗な母屋へと変身しました。
紀の川市で外壁塗装後付属部分でブラックの塗料で雨樋を塗装していきました
続いては【雨樋】の塗装の様子です。
雨樋もブラック色で仕上げていきます!

雨樋は雨樋全体の総称であり部位ごとに名前や役割もありますのでこちらのページで詳しくご紹介します

美観性のための塗装ですが、外気の影響からも守ってくれるので雨樋の劣化の進行を遅らせることもできます


紀の川市で外壁塗装後付属部分で雨樋を塗装し完成した写真
雨樋塗装の完成写真です

これで、紀の川市在住H様邸の
『付属部を含む外壁塗装工事』『ベランダのトップコート塗布』についてのご紹介は終了となります。


今回ご紹介した紀の川市在住H様邸の現場ブログも載せていますのでよろしければご覧ください














街の屋根屋さん和歌山店をご覧の方で、屋根修理や塗装工事をご検討の方は一度ご相談ください!
街の屋根屋さん和歌山店では『点検・調査・見積り』全て無料で行っています!
見積り出したからと言って工事を必ず行わなければいけないこともありませんのでご安心ください

こちらのページでは工事の料金プランも記載していますのでよろしければご覧ください♫


お問い合わせの方はこちら⇩
電話でのお問い合わせ
0120-948-983 
9時~19時まで受付しております📞

メールでの受付はこちらからお願いいたします。
メールは24時間受付可能です

ただいまオンラインでも無料相談を実施しております!
詳しくはこちらのページをご覧ください♪

2003371-simple
新型コロナウィルス対策について

街の屋根やさん和歌山店では
コロナ対策をしっかりと行っています🎵
詳しくはこちらのページでご確認ください😎

【工事完了後】

同じ地域の施工事例

施工事例

紀の川市でいぶし瓦でできた鬼瓦の漆喰塗補修工事の様子をご紹介

紀の川市での鬼瓦の漆喰塗補修工事のビフォー
紀の川市で鬼瓦の漆喰補修で漆喰にシルガードを使用し完成した写真
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
漆喰シルガード、コーキング
築年数
築約30年
建坪
約19坪
保証
2年
工事費用
漆喰塗補修工事・・約11.7万 足場費用・・約22万円(税込)
施工事例

紀の川市のベランダのひび割れを修理しウレタン防水を施工!

紀の川市の劣化したベランダ
紀の川市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
シーリング材・カチオンクリート・ウレタン樹脂防水材
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約28万円(税込み)
施工事例

紀の川市のベランダからの雨漏りでFRP防水をし直しました!

紀の川市の防水前のベランダ
紀の川市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP樹脂・トップコート他
築年数
約16年
建坪
約17坪
保証
3年
工事費用
約19.5万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岩出市で外壁工事を行い、下地処理後塗料を塗っていくのですが下塗りではこちらのフィラーを使用していきます

みなさんこんにちは!今回は岩出市で行った外壁塗装の様子についてご紹介していきます。岩出市在住I様邸では2種類のデザインの外壁だったので多彩模様の塗材を2種類使用することになりました!多彩模様って言葉を初めて聞いたとき、私は様々な色がグラデー...........

岩出市で外壁塗装・屋根塗装を行うのにまずは高圧洗浄機で洗浄していきます

今回の現場ブログは岩出市在住I様邸の高圧洗浄機で屋根や外壁などを洗浄する様子をご紹介します!高圧洗浄は、外壁塗装・屋根塗装を行うのに、古くなった塗膜や汚れ・苔・カビ等を落とし、塗装する塗膜を外壁や屋根にしっかりと密着させるために必要な作業と...........

岩出市で外壁塗装を行う前にALCライト版のジョイント目地にコーキングを充填していくのに、まずはプライマーを塗っていきます

みなさんおはようございます!今回ご紹介する現場ブログは岩出市在住I様邸で行った【ジョイント目地のクラック補修】についてご紹介していきます。みなさんは【ジョイント目地】や【クラック】ってお聞きになったことはあるでしょうか?工事の様子をご紹介す...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら和歌山店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-948-983