オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

紀の川市の屋根修理で落下した軒先瓦を交換しビスで補強しました


紀の川市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。

S様邸は木造・2階建ての住宅で、土葺きの瓦屋根です。

「台風で軒先瓦とその付近の瓦が大量に落下して割れてしまった」
というご相談をいただいたことがきっかけで工事に至ります。


◇◆◇ S様邸の屋根工事の内容 ◇◆◇

落下した瓦の復旧・割れた瓦の差し替え

飛散した軒樋(横方向の雨樋)の交換

木製テラスの剥がれた波板の張替

紀の川市の屋根の養生を撤去して瓦を復旧
● S様邸の屋根の被害状況の一部です。

2階の屋根の軒先瓦とその付近の瓦が台風の強風で落下していました。

ベランダにはしごを架けてご自身で応急処置されていましたが、
シートをガムテープで貼っただけだったので、長くはもちません。そのため、
早急に修理の日程を組ませていただきました。

紀の川市の屋根の葺き土が流れています
● 応急処置のシートを剥がすと、瓦が大量に飛散し、葺き土も流れていました。

土葺きの屋根は、水で練り込んだ土を下地にして瓦を押し付けて葺いています。

雨水の浸入で土が流れたり、経年で土が乾いて痩せてくると、瓦を固定する力が弱くなってズレやすくなります。


紀の川市の乾燥した土を撤去します

● 葺き土が乾燥して崩れていたので、撤去してから新しい土を使用して瓦を葺きます。

台風直後にすぐ応急処置をしていたので、現状を維持することができましたが、シートで覆っていないと更に土が流れて被害が大きくなっていたかもしれません。

紀の川市の軒先瓦をビスで固定
● 新しい葺き土をのせて、軒先瓦を葺いていきます。

軒先瓦は屋根の流れの一番下に葺く瓦で、風が吹き上げたり地震の大きな揺れを受けると瓦がズレやすく、落下する危険性があります。

今後の自然災害でまた落ちないように1枚1枚ビスで固定しました。

紀の川市の軒先瓦復旧完了
● 軒先瓦をビスで固定し、その上の落ちてしまった瓦もすべて復旧しました。

新しい葺き土をのせて瓦をしっかりと固定しているので、以前よりも耐久性が向上しています。

また、めくれ上がりやすい軒先瓦をビスで留めたので、その上の瓦もめくれにくくなっています。

紀の川市の下屋の割れた瓦を差替えます
● 2階の瓦が落ちて、下の屋根の瓦も割れてしまいました。

割れた瓦はめくって、新しい土と瓦で復旧しています。

この日は2人の屋根職人が上の屋根と下の屋根に分かれて作業していました。

紀の川市の下屋の割れた瓦を差し替えました
● 下屋(下の屋根)の割れた瓦の差し替え完了です。

S様邸のように、上の屋根の瓦が落ちたことで下の屋根に被害が及ぶケースが多くあります。

今後、瓦が飛ばされないように、この後シーリングで瓦を繋げて固定しました。



紀の川市の袖瓦もビスで固定

● 袖瓦(そでかわら)も屋根の一番端に葺くので、風や揺れを受けやすい部分です。

袖瓦とは・・屋根の流れの一番端に葺く瓦

軒先瓦と同様に、1枚1枚ビスで固定したので落下しにくくなりました。

この後、ビス頭から雨水が浸入しないようにシーリングを充填してきちんと防水しています。

紀の川市の袖瓦をシーリングで瓦を固定
● 軒先瓦は瓦に対して2カ所で固定できますが、袖瓦は下地の関係で1か所でしか固定できません。

そのため、横方向にズレないように、シーリングを充填して瓦と瓦を繋いで固定・補強しました。



紀の川市でシーリングで棟瓦を固定
● 棟瓦は屋根の高い位置にあって、風や揺れの影響をまともに受けてしまいます。

この台風での被害はなかったのですが、今後に備えて、シーリングで繋いで瓦がバラバラに崩れるのを防ぎました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このように、瓦と瓦をシーリングで繋いで補強することを「ラバーロック」と言います。

瓦を繋げることで、風や地震の揺れが起こった時に瓦がズレたり落下するのを防ぐ効果があります。



紀の川市の鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれています
● 台風の強い風を受けて漆喰が剥がれている箇所もありました。

漆喰は屋根だけでなく壁の仕上げなどにも使用されています。屋根での漆喰の役割は、瓦を固定したり隙間を埋めて防水したり、葺き土が流れるのを防ぐ点です。

S様邸は、鬼瓦との取り合いにも漆喰を詰めていたのですが、すべて剥がれていました。

紀の川市の鬼瓦の取り合いに黒漆喰を詰めました
● 漆喰が剥がれると、隙間から雨水が入り込んで雨漏りすることがあります。また、瓦の固定力が低下してズレやすくなってしまいます。

漆喰が剥がれたまま放置すると、それらの二次被害に発展する危険性があるので、この工事でメンテナンスしました。



紀の川市で軒樋を取付けました

● 台風で2階の屋根の軒樋(横方向の雨樋)が飛散したので、屋根工事が終わってから新しい樋を取付けました。

軒樋は屋根から流れてきた雨水を受ける役割があるため、飛散すると雨水が直接流れ落ち、下の屋根を傷めたり、地面を削るなど悪影響を与えてしまいます。

「雨が降ってるとどうせ周りも濡れる」と考えず、きちんと修理しましょう。



紀の川市でテラスを補強してポリカ波板を張りました

● 台風の強風で2階の木製テラス屋根の波板が剥がれてしまったので新しい波板を張りました。

木製テラスの骨組みが頼りなくて心細かったので、強度を上げるために補強しています。

ポリカ波板という耐久性のある波板を波板ビスでしっかりと固定して復旧しています。

色はクリア!屋根の下がとても明るくなりました。



紀の川市の屋根修理
☆ 屋根の工事は街の屋根やさん和歌山店に
お任せください!

屋根の点検をしてほしい

屋根の葺き替えを考えてる

屋根を塗装したい

屋根のちょっとした修理をお願いしたい

屋根のことで気になることがある

など、どんなことでも構いません。お気軽にお声かけくださいね。

「不具合をどんなふうに伝えたらいいか分からない」という方も、
現地調査できちんと点検させていただきますのでご安心ください。

お電話はフリーダイヤルで・・0120-948-983




同じ工事を行った施工事例

施工事例

和歌山市のスレートと棟板金、貫板を交換した施工事例のご紹介です

和歌山市の台風で剥がれた化粧スレート
和歌山市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
化粧スレート・改質アスファルトルーフィング・杉貫板・ゲルバリウム鋼板棟板金
築年数
約29年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約92万円(税込み・足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

紀の川市のベランダのひび割れを修理しウレタン防水を施工!

紀の川市の劣化したベランダ
紀の川市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
シーリング材・カチオンクリート・ウレタン樹脂防水材
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約28万円(税込み)
施工事例

紀の川市のベランダからの雨漏りでFRP防水をし直しました!

紀の川市の防水前のベランダ
紀の川市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP樹脂・トップコート他
築年数
約16年
建坪
約17坪
保証
3年
工事費用
約19.5万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和歌山方行屋根の修理の現場写真

紀の川市で方形屋根が破損!!!紀の川市にお住いのK様から「暴風でテレビのアンテナが倒れ、屋根が破損してしまいました」とお電話をいただき、すぐに駆け付け現地調査を行いました 

岩出市の台風の被害にあった屋根の現地調査

●台風の強風で屋根が飛んでしまいました!和歌山県岩出市で台風被害に遭ったY様邸、屋根が飛んでしまい雨漏りがするとのことでした。*Y様邸の住宅情報* 屋根…スレート葺き(平型の薄い屋根) 雨漏り箇所…屋根裏収納部分 雨漏りの原因…棟板金(スレ...........

紀の川市の屋根の瓦が台風で落下しました

紀ノ川市の台風被害に遭った屋根の現地確認を行い、修理のご提案をさせていただき工事のご依頼をいただきました。この記事では現地確認の様子をご紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら和歌山店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-948-983