オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和歌山市のラバーロックされた瓦がズレて葺き直しました


和歌山市で瓦屋根の修理を行いました。「台風で瓦がズレて落ちそうになっているんです」と、お問い合わせをいただきました。K様邸は木造の2階建てで、土葺きの屋根です。以前、屋根全体をラバーロックされていましたが、大型の台風が上陸し、袖瓦がまとめてズレている状態でした。ラバーロックとは、シーリングで瓦同士を繋げて固定する工法のことです。そのため、瓦がシーリングで繋がった状態のまま、まとめてズレていました。ラバーロックは瓦がバラバラに飛散するのを防ぐことができますが、このようにまとめてズレることがあります。逆にラバーロックをしていないと、瓦が地面に落下していた可能性があります。修理では、瓦に充填されたシーリングを切って解体し、きちんと積み直して再固定します。

台風の被害状況

和歌山市の袖瓦の被害状況
下から屋根を見上げると、袖瓦が軒先方向にズレていました。軒先の瓦は軒樋(横方向の雨樋)の上に乗り上げていて、今にも落ちそうになっていました。

袖瓦とは屋根の雨樋が付いていない面の一番端に葺く瓦のことで、風をまともに受けるので被害に遭いやすいと言えます。また、袖瓦がズレると下に落下する危険性があるので、見ていると心配になりますね。


和歌山市のラバーロックされた屋根です
屋根に上がって確認しました。

K様邸の屋根は全体的にラバーロックされていました。
ラバーロックとはシーリングで瓦同士を繋いで固定する工法のことです。全体的に処置されていたので、瓦の被害が最小限に抑えられた可能性があります。
和歌山市の袖瓦のズレや割れ
被害に遭った袖瓦を確認すると、瓦が横方向にズレていました。また、何かが飛んできたのか、瓦が割れていました。

この様子から、シーリングでラバーロックされていたので、瓦が飛んで行かずにズレるだけで済んだことが分かります。
和歌山市の袖瓦のズレ!
横方向から被害箇所を見ると、瓦が軒先方向にズレている様子がうかがえます。
瓦が軒先方向にズレ、棟(屋根の頂点)と際の袖瓦の間に大きく隙間があいています。
和歌山市の瓦の軒先方向へのズレ
こちらの写真でも瓦が軒先方向にズレた様子が確認できます。
袖瓦とその隣の瓦が大きくズレて、棟巴と棟の下に詰めている面戸漆喰が地瓦(屋根面の瓦)から剥がれている状態です。

屋根修理の様子

和歌山市の足場設置状況
屋根修理で使用する足場を部分的に設置しました。

この足場は職人が屋根と地上を行き来したり、作業の足掛かりにするためのものです。
袖部分は屋根の一番端に位置するので、屋根の上からの作業は危険が伴うことから、安全性を考慮して足場が必要になることがほとんどです。
和歌山市で使用するオレンジの釉薬瓦
K様邸で使用するオレンジの釉薬瓦です。

釉薬瓦とは、粘土を瓦の形に形成し、表面に釉薬といううわ薬をかけて焼いた瓦のことです。釉薬によってオレンジや青、黒などに色付けすることが可能になり、洋風の住宅に合う洋瓦も製造されています。
和歌山市の瓦めくり状況
まずは、ズレた瓦をめくっていきます。

K様邸は瓦をシーリングでラバーロックしているので、シーリングをカッターで切らないと瓦をめくることができません。このシーリングを切る作業がとても時間がかかるのです。
和歌山市のラバーロックされた瓦がズレて葺き直したお客様の声
袖瓦とその横の瓦をめくりました。

土葺きの屋根は粘り気のある土を敷いて瓦を密着・固定しているので、経年で土が乾燥すると瓦が動きやすくなってしまいます。土を入れ替えるとなると瓦をすべてめくらないといけないので、膨大な費用が掛かることから、シーリングで補強できるラバーロックをされる方が多いのが現状です。
和歌山市で葺き土をのせて瓦を復旧!
軒先付近の葺き土は少なくなっている状態でした。

袖瓦が大きくズレて隙間があいたことで雨水が浸入し、軒先に流れる過程で土も一緒に流れてしまったのでしょう。軒先は特に雨水が集まってくるので、土がほとんどない状態でした。
瓦を復旧するために新しい葺き土を敷きます。
和歌山市の軒先瓦固定状況
軒先瓦も屋根の一番先にあり、吹き上げの風に弱い部分です。
今後の台風に備えて、ビスでしっかりと固定しました。これで、軒先瓦が下に落下する心配が少なくなります。
和歌山市の漆喰を剥がして瓦を差し込みます
軒先から順に瓦を復旧し、最後に棟の取り合い部の瓦を収めます。

棟と地瓦の取り合いには雨水が入らないように漆喰が詰められていますが、瓦を復旧するにあたり、剥がしました。
この隙間に瓦を差し込んで葺き、その後に漆喰を詰めます。
和歌山市の袖瓦をシーリング固定と漆喰復旧完了
ズレた瓦をめくって葺き直し、漆喰も復旧しました。

既存と同じようにシーリングを充填して瓦同士を繋いで固定して完了です!
和歌山市のラバーロックされた瓦がズレて葺き直したお客様の声
袖瓦復旧完了状況です。
下から見て今にも落ちそうだった瓦がきちんと並べられて、きれいに仕上がりました。

「風が吹くたびに瓦が落ちないか気が気じゃなかったので、早く修理してくれて良かったです。ありがとうございます」

K様の嬉しいお顔が見れてスタッフ一同嬉しく思っています。

街の屋根やさん和歌山店は、瓦のラバーロックや修理、葺き替えなどのご相談も承っております。
「ちょっとした修理だけどお願いできるにかな?」と悩んでいる方がいましたらお気軽に声かけくださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和歌山市のスレートと棟板金、貫板を交換した施工事例のご紹介です

和歌山市の台風で剥がれた化粧スレート
和歌山市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
化粧スレート・改質アスファルトルーフィング・杉貫板・ゲルバリウム鋼板棟板金
築年数
約29年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約92万円(税込み・足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

和歌山市のスレートと棟板金、貫板を交換した施工事例のご紹介です

和歌山市の台風で剥がれた化粧スレート
和歌山市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
化粧スレート・改質アスファルトルーフィング・杉貫板・ゲルバリウム鋼板棟板金
築年数
約29年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約92万円(税込み・足場代含む)
施工事例

和歌山市のベランダのドレンと雨樋が詰まり掃除しました!

和歌山市の雨樋をカットして掃除します
和歌山市の継手を使用して雨樋を復旧
工事内容
雨樋交換
使用素材
継手・接着剤他
築年数
築45年
建坪
約25坪
保証
なし
工事費用
約3.5万円(税込み)
施工事例

和歌山市の波板が台風で飛んでしまい透明のポリカ波板に張り替え

和歌山市の飛散したテラスの波板
和歌山市のテラスの波板張替え完了
工事内容
使用素材
ポリカ波板・波板フック・樋セット
築年数
約35年
建坪
約40坪
保証
1年
工事費用
約11万円(税込み・樋セット含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

紀の川市の2階の和室の天井で雨漏り発生

紀の川市の台風被害に遭った屋根の現地調査にお伺いしました。K様邸は木造の2階建ての住宅で、屋根には化粧スレートという薄い厚みの板状の屋根材を葺いています。台風で2階の和室の天井に雨漏りが発生し、街の屋根やさん和歌山店にご相談をいただきました...........

和歌山市の降り棟の板金と貫板が飛散!

「台風で屋根の鉄板の板が飛んだんです」と、和歌山市のお住いのO様よりご相談をいただきました。O様邸は木造の2階建ての住宅で、屋根はスレートという平型の屋根材を葺いていて、棟には板金を取付けています。台風の強風で降り棟の板金と下地の貫板が無く...........

紀の川市の階段室の天井で雨漏り発生

紀の川市K様邸の台風被害に遭った屋根の調査にお伺いしました。K様邸は木造・2階建てで、台風で階段室の天井に雨漏りが発生しました。屋根を確認すると、強風に煽られた瓦がめくれ上がり、下地の葺き土もほとんど流れている状態でした。瓦がめくれ上がった...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら和歌山店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-948-983