オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岩出市で台風で剥がれたカラーベストの差し替え工事


台風で剥がれたカラーベストの修理です。岩出市にお住いのO様よりご相談をいただきました。「台風の後、雨漏りはしてないんですが、屋根を点検していないので見てもらえませんか?」とのことです。O様邸は木造の2階建てで、下からは屋根がほとんど見えません。屋根に上がって確認すると、カラーベストが数枚割れて剥がれていました。カラーベストが剥がれても下にはルーフィングという耐久性のある防水シートが控えているのですぐに雨漏りすることは少ないですが、カラーベストを固定している釘頭からじわじわと雨水が入ることがあります。この工事では、割れたカラーベストを差替えます。

屋根の被害状況

岩出市のカラーベストと水切りが飛散
カラーベストは1枚1枚釘留めされています。
経年でカラーベストが傷んでくると反りが生じ、その隙間に強風が吹き込むと剥がれやすくなってしまいます。また、割れやすくなります。
O様邸は台風の強風でカラーベストとケラバ水切りが飛散している状態でした。

ケラバ水切りとは屋根の流れ方向の一番端に取り付ける水切りのことで、雨水が内部に浸入するのを防ぐ役割があります。
岩出市のカラーベストが割れています
他にもカラーベストが割れて欠損している箇所がありました。

カラーベストが欠けたり割れた場合、場合によってはシーリングで補修することもできますが、今回は差し替えることになりました。
岩出市のカラーベストがズレています
他にも、カラーベストがズレている箇所がありました。

カラーベストは釘留めされているので通常はズレることはありませんが、見えない部分で割れるとこのようにズレることがあります。

この部分はシーリングを充填して接着して復旧します。
岩出市の板金を固定している釘が緩んでいます
各板金も点検しました。

カラーベストの屋根は棟など雨仕舞が必要な箇所に板金を取付けています。その板金を固定している釘が緩んできていました。板金を固定している釘が緩むと板金が飛ばされる原因になるので、この工事で打ち直します。

雨仕舞とは、雨水を内部に浸入させないように工夫することです。

カラーベスト差し替え工事

岩出市の棟板金を仮撤去
カラーベストが飛散した部分は棟(屋根の頂点)にかかっていたので、差し替える場合は上に乗っている板金と貫板を取り外さないといけません。
板金を固定している釘を抜き、仮撤去しました。
岩出市の屋根の貫板を仮撤去
下地の貫板も撤去します。
貫板は板金を固定するための下地です。貫板の劣化が進むと釘が効かなくなるので、強風で板金が飛散しやすくなってしまいます。
O様邸の貫板はそれほど傷んでいなかったのでそのまま再利用します。
岩出市の割れたカラーベストを剥がします
割れたカラーベストを撤去します。

カラーベストは釘留めされているので、釘を抜かないと剥がすことができません。その釘は上に重なっているカラーベストの下に隠れているので、上から抜くことができません。そのため、専用の釘抜きを使用して釘を抜きました。
岩出市でケラバ水切りを取付けました
続いて飛散したケラバ水切りを取付けました。

ケラバ水切りは屋根の端の小口を隠し、雨水が浸入するのを防ぐ板金のことです。ケラバ水切りの間にカラーベストを差し込んで葺くので、先に水切りを取付けました。
岩出市のカラーベストを釘留め
続いて新しいカラーベストを葺きます。軒先から順に、釘留めできる箇所は釘で固定します。カラーベストは継ぎ目が揃わないように葺いているので、部分的に釘留めできない箇所があります。(上にカラーベストがあるため)
岩出市のスレートをシーリングで固定
上に既存のカラーベストが残っている箇所は釘留めできないのでシーリングを充填して固定します。この時、シーリングを横方向に充填すると雨水を受けて内部で溜まってしまい、雨漏りの原因になることがあるので、必ず流れ方法に充填しないといけません。
岩出市で棟板金を取付けて修理完了
割れたカラーベストを差替えて、棟に貫板を取付けました。
この上に仮撤去していた板金を取付けて差し替え完了です!

カラーベストの新旧の色合いが異なるので、どうしても気になる、という方は色合わせで塗装することもできます。
岩出市の割れたカラーベストを撤去
カラーベストが割れて欠損していた箇所も差し替えました。

上に既存のカラーベストがあるので、釘抜きを隙間に差し込んで釘を抜き、欠けたカラーベストを撤去しました。
岩出市のカラーベスト部分差し替え完了
続いて新しいカラーベストをシーリングで密着・固定しました。
部分的な差し替えの場合、構造上どうしても釘で固定することができないので、シーリングでの修理が一般的です。
「見えない部分で屋根に被害があったので、驚きましたが、きちんと修理してもらったので安心です!」

工事完了後のO様の声です。

街の屋根やさん和歌山店は、屋根の点検や修理のご相談を承っておりますので、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和歌山市のスレートと棟板金、貫板を交換した施工事例のご紹介です

和歌山市の台風で剥がれた化粧スレート
和歌山市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
化粧スレート・改質アスファルトルーフィング・杉貫板・ゲルバリウム鋼板棟板金
築年数
約29年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約92万円(税込み・足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岩出市のテラスとカーポートの波板を張り替えて気分がすっきり!

岩出市のテラス波板張替え前
岩出市のテラスとカーポートの波板を張り替えて快適になったお客様の声
工事内容
台風
使用素材
ポリカ波板・ポリカフック
築年数
約24年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約19万円(税込み)
施工事例

岩出市の土葺きの瓦屋根の軽量化でスレートに葺き替えた施工事例

岩出市の瓦屋根現況
岩出市の瓦屋根をスレートに葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
化粧スレート・構造用合板・ガルバリウム鋼板他
築年数
約35年
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約160万円(税込み・耐震改修費用含まず)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

紀の川市の2階の和室の天井で雨漏り発生

紀の川市の台風被害に遭った屋根の現地調査にお伺いしました。K様邸は木造の2階建ての住宅で、屋根には化粧スレートという薄い厚みの板状の屋根材を葺いています。台風で2階の和室の天井に雨漏りが発生し、街の屋根やさん和歌山店にご相談をいただきました...........

和歌山市の降り棟の板金と貫板が飛散!

「台風で屋根の鉄板の板が飛んだんです」と、和歌山市のお住いのO様よりご相談をいただきました。O様邸は木造の2階建ての住宅で、屋根はスレートという平型の屋根材を葺いていて、棟には板金を取付けています。台風の強風で降り棟の板金と下地の貫板が無く...........

紀の川市の階段室の天井で雨漏り発生

紀の川市K様邸の台風被害に遭った屋根の調査にお伺いしました。K様邸は木造・2階建てで、台風で階段室の天井に雨漏りが発生しました。屋根を確認すると、強風に煽られた瓦がめくれ上がり、下地の葺き土もほとんど流れている状態でした。瓦がめくれ上がった...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら和歌山店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-948-983