オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岩出市のO様より台風で屋根の鉄板が剥がれたとのご相談がありました


岩出市の棟板金と貫板の交換、カラーベストの差し替え工事です。O様より「台風でテレビのアンテナが倒れて屋根の鉄板が飛ばされたんです」とのお問い合わせをいただきました。O様邸はカラーベストという平らな板状の屋根材を葺いた屋根で、棟には板金が取り付けられている形状です。「棟」と聞いてもパッと思い浮かばない方が多いかと思います。棟とは屋根の頂点部のことです。屋根面同士の取り合い部分になるので、そこに生じる隙間を隠して雨水が入るのを防止し、屋根材を押さえるために板金を被せて取付けています。板金は施工当初、釘で留められていて、台風の強風で釘が抜けて板金が飛ばされている状態でした。
岩出市のアンテナ撤去と屋根の点検
現地調査の様子です。O様邸の屋根は急こう配で、屋根の上に上がって調査ができませんでした。そのため、軒先まではしごをかけてそこから点検しました。
台風が静まってから家の外に出て確認すると、屋根のアンテナが倒れて板金も何枚か飛んでいるのが見えたそうです。
O様邸は高台にあり、裏手に池があるため普段からそちら側からの風がきついそうです。風向きにもよりますが、今回の台風被害も家の裏手に集中していました。
岩出市の倒れたアンテナと降り棟の板金
家の裏手にある屋根面の様子です。

屋根に設置されていたアンテナが横倒しになっているのが見えました。O様邸の屋根は急こう配なので、アンテナがいつ落ちるか見ているだけで心配になりました。幸い、このアンテナは使用していないとのことで、工事の時に撤去することになりました。
写真手前に見えているのは降り棟で、板金が無くなっていました。
岩出市の降り棟の板金と貫板が飛散
降り棟とは軒先方向に向かって降りる棟のことで、別の降り棟の板金も飛散していました。
この降り棟は、下地の貫板(ぬきいた)も割れて剥がれています。
棟板金を固定するための下地を貫板と言います。貫板に水が廻るなどして傷んでくると、板金を固定している釘をしっかりと固定できなくなり、強風でとばされる原因になります。
岩出市の棟板金が飛散
水平棟(横方向の棟)に取り付けていた板金も一部風で飛ばされていました。
棟は長さがあるため、板金や貫板の規格のサイズでは足りないので、数枚を繋げて固定しています。その中の板金が1枚飛ばされていました。
岩出市のカラーベストの割れ
カラーベストが割れて剥がれている箇所もありました。
カラーベストは部分的な差し替えができるので、工事の時に破損た部分のみを修理することになりました。
岩出市のカラーベストをシーリングで固定
カラーベストの差し替えです。

割れたカラーベストを撤去し、差し替えます。
カラーベストは上に重なっているカラーベストの下で釘留めされているため、差し替える場合は釘を抜いかないと剥がせません。そして固定する時は釘留めできないので、シーリングでの固定になります。
写真は、既存のカラーベストを剥がしてシーリングを充填している様子です。
岩出市のカラーベストを差し込みます
シーリングを充填し、カラーベストを隙間に差し込んでこちします。
ここは降り棟の際なので、形状に合わせてカラーベストをカットしました。
シーリングを充填する時には、必ず屋根面の流れに沿って充填しないと雨水を堰き止めて雨漏りの原因になることがあります。
岩出市のカラーベスト修理完了
カラーベスト差し替え完了です。

既存のカラーベストと同じ色を使用していますが、新旧の差が出てしまいます。もともとは鮮やかな緑色でしたが、紫外線などの影響で色褪せてしまったのでしょう。
岩出市のカラーベスト修理完了
カラーベストが破損している箇所はすべて新しいカラーベストに差し替えました。
「思ったよりも目立つね~!」との感想でしたが、「まぁ、そんなに屋根の上を見上げることはないし、裏側だからいいか」と納得されていました。
どうしても色の違いが気になる場合は色合わせの塗装をすることができます。
岩出市の棟板金復旧完了
飛ばされた棟板金も復旧しました。

今後の台風でまた板金が飛ばされたらいけないので、下地の貫板が飛ばされたり傷んでいる箇所は貫板も交換しました。
岩出市の急勾配の屋根の棟板金復旧!
被害に遭った板金はすべて復旧しました。

棟板金の規格のサイズは2mなので、数枚の板金を繋ぎ合わせて施工しています。また、下地の貫板の規格のサイズは4mなので、1本で足りない場合は、継いで固定しています。
岩出市の板金を抜けにくいビスで固定
既存の板金は釘留めされていましたが、今後の台風などの影響を踏まえて抜けにくいビスでしっかりと固定しました。

棟板金は屋根の高い位置に取り付けられているので、きつい風に吹かれています。風の力で釘が緩んで抜けてくると、台風の強風で板金が飛ばされてしまうので、抜けにくく緩みにくいビスを採用しました。
岩出市の棟のかき合いや継ぎ目はシーリングで防水
板金同士の継ぎ目にはシーリングを充填して防水しました。また、シーリングは板金同士を繋ぐ役割もあります。
かき合い部分は、いくつかの棟が合流する地点で形状が複雑です。板金同士の継ぎ目から雨水が浸入しないようにきちんとシーリングを充填しました。
今回使用したのはガルバリウム鋼板という錆に強く耐用年数が長い板金です。
岩出市の樋に苔が詰まっています
足場を設置した面の樋を確認すると、苔がびっしりと生えていました。
雨樋に苔が生えたり、枯れ葉などが詰まると雨水が流れなくなり溢れてしまいます。樋から雨水が溢れると外壁に直接雨
水があたって劣化を早めたり、雨水が地面を叩いて傷めることがあるので、詰まりを解消しないといけません。
岩出市の樋を掃除しました
樋の中に生えた苔を取り除きました。
これで雨水が溢れることなくきちんと排出されます。
2階以上の樋の掃除や工事は足場がないとできないことがあるので、今回のように足場があるうちに点検・メンテナンスするといいでしょう。
棟板金が浮いたり剥がれたりしてお困りの方は街の屋根やさん和歌山店にお気軽にお声かけください!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和歌山市のスレートと棟板金、貫板を交換した施工事例のご紹介です

和歌山市の台風で剥がれた化粧スレート
和歌山市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
化粧スレート・改質アスファルトルーフィング・杉貫板・ゲルバリウム鋼板棟板金
築年数
約29年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約92万円(税込み・足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岩出市の片流れの屋根の剥がれた破風板と軒天を修理して塗装!

岩出市の剥がれた破風板と軒天
岩出市の破風板と軒天復旧完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板・シーリング・各塗料他
築年数
約28年
建坪
約33坪
保証
1年
工事費用
約32万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岩出市の雨漏りを止めるベランダの防水工事でウレタン防水を施工

岩出市の防水前のベランダ
岩出市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材、カチオンクリート他(防水工事のみ)
築年数
約47年
建坪
約16坪
保証
1年
工事費用
約21.7万円(税込み・防水工事のみ)
施工事例

岩出市のテラスとカーポートの波板を張り替えて気分がすっきり!

岩出市のテラス波板張替え前
岩出市のテラスとカーポートの波板を張り替えて快適になったお客様の声
工事内容
台風
使用素材
ポリカ波板・ポリカフック
築年数
約24年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約19万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和歌山方行屋根の修理の現場写真

紀の川市で方形屋根が破損!!!紀の川市にお住いのK様から「暴風でテレビのアンテナが倒れ、屋根が破損してしまいました」とお電話をいただき、すぐに駆け付け現地調査を行いました 

岩出市の台風の被害にあった屋根の現地調査

●台風の強風で屋根が飛んでしまいました!和歌山県岩出市で台風被害に遭ったY様邸、屋根が飛んでしまい雨漏りがするとのことでした。*Y様邸の住宅情報* 屋根…スレート葺き(平型の薄い屋根) 雨漏り箇所…屋根裏収納部分 雨漏りの原因…棟板金(スレ...........

紀の川市の屋根の養生を撤去して瓦を復旧

紀の川市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。S様邸は木造・2階建ての住宅で、土葺きの瓦屋根です。「台風で軒先瓦とその付近の瓦が大量に落下して割れてしまった」というご相談をいただいたことがきっかけで工事に至ります。◇◆◇ S様邸の屋根工...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら和歌山店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-948-983