オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岩出市の片流れの屋根のラバーロックした瓦がまとめてズレていました


岩出市にお住いのN様より「台風で屋根の瓦がズレて、当時業者に相談して応急処置してもらったんですが、その後なかなか見積もりをくれないし、話が進まないんです。そちらで見ていただいて工事までしてくれるんだったらお願いしたいと思ってます」というご相談をいただき屋根の調査にお伺いしました。

N様邸は木造2階建ての住宅ですが、1階にガレージがあるため、屋根の一部が3階建てくらいの高さになります。片流れの屋根でオレンジの釉薬瓦を葺いていました。屋根の勾配がきつく、調査の当日は上に上がることができず、更に被害箇所をシートで応急処置している状態でしたが、N様が被害当時の写真を撮影されていたので参考にさせていただき、お見積りをお預けすることができました。被害に遭ったのは棟のケラバ部分です。N様邸は瓦をコーキングで繋げて固定する「ラバーロック」をした屋根で、台風の強風で瓦がまとめてズレている状態でした。
岩出市の屋根が応急処置されています
N様邸の屋根です。
片流れの屋根で勾配がきつく、屋根の上に上がって調査ができませんでした。

片流れの屋根は軒先から全面を見渡すことができるので、2連の梯子を軒先に渡して確認すると、ケラバ部分にブルーシートをかけて応急処置していました。
岩出市の袖瓦がズレています
台風直後、N様が撮影された写真には屋根の被害箇所が写っていました。

ケラバの瓦がまとめてズレています。
ケラバとは屋根の流れ方向の面の一番端のことで、雨樋が付いていない屋根の端になります。ケラバは屋根の端にあるので、横方向から風を受けるとめくれやすく、台風での被害も多かった部分です。
岩出市のラバーロックされた屋根
N様邸の屋根はコーキングでラバーロックされていました。

ラバーロックとは、瓦の取り合いにコーキングを充填して瓦と瓦を繋げる作業のことです。土葺きの屋根は土を下地に敷いて瓦を固定しているだけなので、経年で土が乾燥して痩せてくると動きやすくなってしまいます。コーキングで瓦同士を繋ぐと強風が吹いた時に瓦がバラバラに飛ばされるのを防ぐ効果があります。ですが、コーキングの劣化が進むと、台風の強風に晒された時にコーキングが切れて瓦が繋がった状態でズレたり飛散する可能性があります。N様邸の屋根の被害はまさにそれで、ケラバの瓦が2列繋がった状態でズレてしまいました。瓦がズレる被害はありましたが、ラバーロックしていないともっとたくさんの瓦が飛散した可能性もあり、どちらが正解とは判断できません。
岩出市で足場設置
N様邸の屋根は急こう配ですし、3階建て相当の高さがあるので作業用の足場を設置しました。

屋根の工事では作業中の職人の足掛かりになる足場が必要です。不安定なはしごの上で、道具や資材を持って作業することはできないですし、屋根の上まで安全に上り下りできません。2階以上の屋根の工事では足場が必要になることがほとんどです。修理費用に足場の費用が追加されるので、思った以上に家計にのしかかってくる場合がありますので、万が一に備えて火災保険に加入していると安心です。
岩出市の屋根の下地の土が流れています
足場を設置し、屋根の修理を行いました。

屋根の被害状況を近くで確認すると、ケラバの瓦がズレて下地の葺き土が流れて防水シートが露になっていました。
岩出市の瓦のシーリングが切れています
瓦がズレた部分を確認すると、ラバーロックした部分のコーキングが切れていました。

コーキングを充填した当初は弾力があるので少しの動きには追従してくれます。ですが、月日とともに硬くなってくるので、強風などの強い力を受けると切れることがあります。
岩出市の瓦が割れています
ケラバの瓦がズレた時の衝撃か、台風時の飛散物の影響か不明ですが、地瓦(屋根面の瓦)が2枚割れていました。

地瓦が割れると屋根面に流れてきた雨水がどんどん流れ込んでしまうので、雨漏りの原因になる危険性があります。
工事の時には割れた瓦はきちんと差し替えるのでご安心ください。
岩出市の剥がれた面戸漆喰
棟の面戸漆喰も剥がれていました。

棟と地瓦との取り合いは瓦の形状が違うので隙間が大きく空いてしまいます。その隙間を埋めるために漆喰を詰めて雨水の浸入を防止したり、瓦を固定しています。
台風の強風で地瓦が動いた時に面戸漆喰が断面から破断して剥がれ落ちた可能性があります。
N様邸の屋根修理では、コーキングを切って瓦を切り離して復旧します。また、今後また台風で瓦が飛散しないように、被害に遭いやすいケラバの瓦を1枚1枚ビスでしっかりと固定します。その時に剥がれた漆喰の詰め直しも行います。

次は屋根修理の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和歌山市のスレートと棟板金、貫板を交換した施工事例のご紹介です

和歌山市の台風で剥がれた化粧スレート
和歌山市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
化粧スレート・改質アスファルトルーフィング・杉貫板・ゲルバリウム鋼板棟板金
築年数
約29年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約92万円(税込み・足場代含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

岩出市の雨漏りを止めるベランダの防水工事でウレタン防水を施工

岩出市の防水前のベランダ
岩出市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材、カチオンクリート他(防水工事のみ)
築年数
約47年
建坪
約16坪
保証
1年
工事費用
約21.7万円(税込み・防水工事のみ)
施工事例

岩出市のテラスとカーポートの波板を張り替えて気分がすっきり!

岩出市のテラス波板張替え前
岩出市のテラスとカーポートの波板を張り替えて快適になったお客様の声
工事内容
台風
使用素材
ポリカ波板・ポリカフック
築年数
約24年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約19万円(税込み)
施工事例

岩出市の土葺きの瓦屋根の軽量化でスレートに葺き替えた施工事例

岩出市の瓦屋根現況
岩出市の瓦屋根をスレートに葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
化粧スレート・構造用合板・ガルバリウム鋼板他
築年数
約35年
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約160万円(税込み・耐震改修費用含まず)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

紀の川市の2階の和室の天井で雨漏り発生

紀の川市の台風被害に遭った屋根の現地調査にお伺いしました。K様邸は木造の2階建ての住宅で、屋根には化粧スレートという薄い厚みの板状の屋根材を葺いています。台風で2階の和室の天井に雨漏りが発生し、街の屋根やさん和歌山店にご相談をいただきました...........

和歌山市の降り棟の板金と貫板が飛散!

「台風で屋根の鉄板の板が飛んだんです」と、和歌山市のお住いのO様よりご相談をいただきました。O様邸は木造の2階建ての住宅で、屋根はスレートという平型の屋根材を葺いていて、棟には板金を取付けています。台風の強風で降り棟の板金と下地の貫板が無く...........

紀の川市の階段室の天井で雨漏り発生

紀の川市K様邸の台風被害に遭った屋根の調査にお伺いしました。K様邸は木造・2階建てで、台風で階段室の天井に雨漏りが発生しました。屋根を確認すると、強風に煽られた瓦がめくれ上がり、下地の葺き土もほとんど流れている状態でした。瓦がめくれ上がった...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら和歌山店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-948-983