オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

和歌山市の平屋の住宅で台風で棟板金が飛ばされて貫板も腐食!


工事のきっかけ

「台風で屋根の板金が飛んでしまったので火災保険で修理したい」と、和歌山市にお住いされているO様よりご相談があり、現地調査後に修理を行いました。O様邸は木造の平屋建てで、台風の後に家の周囲を確認すると、道路に長い板金が落ちていたそうです。「まさか!」と思い、家の屋根を下から確認すると、飛んでいる箇所は見えなかったそうですが、めくれ上がっているところがあり、念のため板金を保管されていたそうです。屋根に上がって確認すると、降り棟の板金が4カ所のうち2カ所飛散していて、下地の貫板も腐食している状態でした。このまま板金を取付けてもしっかりと取付けることができないので、貫板も交換しました。工事後「火災保険で費用が賄えたので良かったです」と、安心されていました。

和歌山市 棟板金交換,火災保険,台風

ビフォーアフター

before
和歌山市の棟板金が台風で飛散
horizontal
after
和歌山市の棟板金交換後

工事基本情報

施工内容
棟板金交換,火災保険,台風
施工期間
3日間
使用材料
ガルバリウム鋼板・杉貫板他
施工内容その他
築年数
約18年
保証年数
2年
工事費用
約31万円(税込み)
建坪
約25坪
ハウスメーカー

板金の被害状況

和歌山市の落下していた屋根の板金
和歌山市の棟板金がめくれています
台風の後、家の周囲を確認すると、長い板金が道路に落ちていたそうです。
「まさか!うちの屋根の板金?!」と思い、下から屋根を確認すると、剥がれている箇所は見えなかったそうですが、板金がめくれ上がっている箇所があったので、そのまま保管されていました。

落下していたのは棟に取り付けている板金です。
棟とは屋根面と屋根面が合流する地点(取り合い部)のことで、隙間を塞いで見た目をきれいに仕上げるために板金を取付けて覆っています。(使用している屋根材によって異なります)その板金を「棟板金」と言います。
和歌山市の降り棟の板金が飛散
横方向の棟を「水平棟」、軒先に向かう棟を「降り棟」と言います。
O様邸は降り棟が4箇所あり、そのうちの2箇所に被害がありました。

道路に落ちていた板金は、この降り棟の板金です。
和歌山市の降り棟の板金が飛散しそうです
下から見てめくれ上がっていた板金です。

上のほうでかろうじて固定されていますが、板金が折れ曲がり、いつ飛んでもおかしくない危険な状態です。
和歌山市の棟板金のビスの抜け
棟板金は、釘留めされていることが多いのですが、O様邸はビスで固定されていました。
ビスは釘よりも抜けにくいのですが、台風の強風に煽られて板金がめくれ上がりビスが抜けていました。
和歌山市の貫板腐食状況
棟板金は直接屋根に取り付けず、下地に向かって固定されています。この下地を「貫板」と言います。
O様邸の貫板は、水が廻っていたのか腐食し、ボロボロになっていました。板金を抜けにくいビスで固定していても、下地の貫板が腐食するとビスが効きません。
修理の際は、貫板も交換することになりました。
和歌山市の棟板金のビスの緩み
屋根に残っていた板金を確認すると、ビスが緩んでいる状態でした。
台風で飛散はしていませんでしたが、今後同じように飛散する可能性があるので、すべての板金と貫板を交換することになりました。
和歌山市の軒樋に土などが堆積
雨樋を確認すると、樋の中に土や枯れ葉が溜まっていました。
土がびっしりと溜まっているので、雨の量が多い日は雨水が溢れているかもしれません。この工事で樋もきちんと掃除させていただきます。

棟板金及び貫板交換工事

和歌山市の棟板金と貫板を交換
O様邸の屋根は寄棟で、水平棟が1箇所、降り棟が4箇所あります。すべての板金と貫板を撤去して新しく入替えます。
台風の被害箇所の修理の費用を火災保険で賄えたので、この機会にすべてメンテナンスすることになりました。
和歌山市の棟板金と貫板を撤去
既存の棟板金と貫板を撤去しました。

棟板金が飛散すると取り合い部が露になりますが、下にはルーフィングという防水シートを敷いているので、防水シートが傷んでいない限り雨漏りすることはありません。
和歌山市の棟に新しい貫板を取付け
新しい貫板をビスでしっかりと固定・取付けました。

貫板を設置しないで板金だけで収めようとすると、屋根面に直接釘やビスを打ち付けることになるので、そこから雨水が染み込む可能性があります。貫板は屋根面に直接取付けていますが、上に板金を被せるのでビス頭が雨に当たることはありません。
和歌山市の棟に板金を取付けます
貫板を取付けた後、棟板金を被せて固定します。

棟板金は貫板の形状に合うように加工されていて、貫板の横方向からビス留めします。また、棟は長いので数枚の板金を繋いで固定することになります。
和歌山市の棟板金のかき合いや継ぎ目はシーリング処理
棟のかき合い(数本の棟が重なり合う部分)は形状が複雑なので、シーリングを充填してしっかりと防水しました。
また、板金同士の継ぎ目にもシーリングを充填して繋いで固定し、尚且つ防水しています。
「近年は大型の台風がよく上陸するので、備えることができて良かったです」

今後は、屋根や外壁の塗装のメンテナンスをしていく予定があり、その時はまたご相談いただける、とのことです。

【工事完了後】

和歌山市の笠木交換完了!

同じ地域の施工事例

施工事例

和歌山市の波板が台風で飛んでしまい透明のポリカ波板に張り替え

和歌山市の飛散したテラスの波板
和歌山市のテラスの波板張替え完了
工事内容
使用素材
ポリカ波板・波板フック・樋セット
築年数
約35年
建坪
約40坪
保証
1年
工事費用
約11万円(税込み・樋セット含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和歌山市のスレートと棟板金の剥がれ

和歌山市の台風で剥がれたスレートの張替と棟板金の取付工事です。M様邸は鉄骨造の3階建てで、台風で屋根のスレートがたくさん剥がれてしまいました。その時に棟の板金と下地の貫板も飛んでしまい、屋根修理を行うことになりました。スレートは厚みが薄くて...........

岩出市のアンテナ撤去と屋根の点検

岩出市の棟板金と貫板の交換、カラーベストの差し替え工事です。O様より「台風でテレビのアンテナが倒れて屋根の鉄板が飛ばされたんです」とのお問い合わせをいただきました。O様邸はカラーベストという平らな板状の屋根材を葺いた屋根で、棟には板金が取り...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505