オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岩出市のベランダのウレタン防水で下地調整を行いました


岩出市でベランダの防水工事を行いました。

M様邸は木造・2階建ての住宅で、ベランダの下の洋室と玄関の天井に雨漏りが発生し、
街の屋根やさん和歌山店にご相談をいただきました。

以前にも同じ箇所で雨漏りし、その時に他業者で修理をされたそうですが、雨漏りが再発したので、
「今度こそきちんと止めたい」とのご希望で、雨漏りの原因の可能性がある部分を徹底的に修理することになりました。

前回の記事で外壁や庇のひび割れの補修や下屋の修理の様子をご紹介したので、
この記事ではベランダ防水の「下地調整」の工程をお伝えします。



岩出市のベランダを防水します
◆ M様邸のベランダは防水層の上に保護モルタルを敷いた防水工法で、ご主人様が定期的に表面に保護塗料を塗ってメンテナンスされていました。

ベランダは外部に設置されていますので、必ず何かしらの工法で防水されています。

その防水が劣化すると、M様邸のように下のお部屋やベランダの下端で雨漏りしてしまいます。

岩出市で施工するウレタン防水
M様邸では「ウレタン防水」という防水工法を用います。

●●● ウレタン防水ってどんな防水? ●●●

ウレタン防水とは「ウレタン樹脂」という液体状の防水材をベランダに塗布して防水の膜で覆う防水工法です。

ウレタン樹脂は液体状ですので、段差や複雑な形状にも継ぎ目なく施工することが可能!
乾くと弾力のあるゴム状になり、雨水の浸入を防止することができます。


スタッフ山中

☆ 防水層の傷みは雨漏りに繋がります!防水工事で漏水を防止しましょう。

「ベランダの防水はどのタイミングですればいいの?」
「ベランダの下で雨漏りした!」
など、ベランダやバルコニーのことでお困りの方へ
↓↓↓↓

岩出市のベランダのケレン作業
◆ 防水を施す前には必ず下地調整を行います。

防水面に汚れがついていたり、剥がれかかった塗膜などが残ったまま防水すると、新しく施工した防水がしっかりと定着せず剥がれてきてしまいますので、きれいに清掃しないといけません。

錆びや古くなった塗膜を剥がす作業のことを「ケレン作業」と言い、耐久性のある防水層を形成するにあたり重要な工程になります。

岩出市のベランダのドレンの中も清掃しました
◆ 防水面になるベランダ全体をケレン・清掃し、ドレンの中に溜まった汚れも掻き出しました。

ドレンとは・・排水管や排水口のことで、雨水などを排出させるためのものです。

ドレン配管の劣化により雨漏りすることもありますので、防水の際にできる範囲で防水させていただきます。

岩出市の手すりの支柱のシーリングを撤去

◆ ベランダの手すりの支柱根元のシーリングを撤去しました。

M様邸の手すりは鉄製で、支柱の根元から雨水が入る可能性があるためシーリングを充填されていましたが、傷んできていたのでこの工事で打ち替えます。

岩出市のベランダの手すりの支柱の根元をシーリングで防水
◆ 手すりの支柱の根元にシーリングを充填してしっかりと防水しました。

鉄製の手すりは昔は多く使用されていましたが、腐食したり内部に水が溜まって雨漏りすることがあるため、最近では腐食に強いアルミ製の笠木付き手すりが主流になっています。

笠木とは・・立ち上がり壁や手すりの天端の仕上げのこと


岩出市のベランダの笠木を防水
◆ 笠木の端にシーリングを充填して防水しました。

M様邸は以前雨漏りした時に、雨漏りに関係している可能性がある部分に板金笠木を取付けて処置されていました。

その笠木が部分的だったため、端から雨水が入ってしまいますので、取り合いにシーリングを充填してきちんと防水しました。(板金の隙間から雨水が入ると雨漏りの原因になる可能性がありますし、湿気がこもって悪影響を与えてしまうからです)

岩出市のベランダにカチオンクリートを塗布
◆ ベランダの劣化している箇所を補修し、下地調整を行いました。

カチオンクリートという下地調整材を塗布して新しい下地をつくる工程です。

ベランダの床から立ち上がり壁にかけて防水しますので、立ち上がり壁の下地もリセットする必要があります。

岩出市のベランダの笠木も防水
◆ 笠木も防水するのでカチオンクリートを塗布しました。

既存の笠木はモルタル仕上げで、雨水を吸い込んでしまうことから防水性が低い仕上げです。

笠木にひび割れが生じて雨漏りした事例もありますので、雨漏りしないように防水の膜で覆います。



岩出市のベランダの床面にも下地を形成
◆ ベランダの床面にもカチオンクリートを塗布して新しい下地を形成しました。

カチオンクリートは薄塗りでも丈夫な下地を形成することができますので、
建物に重量的な負荷をかけることがありません。また、モルタルやコンクリート、
それ以外の下地にもしっかりと密着しますので、下地と防水層とをくっつける役割もあります。

防水を施す前に、ケレンや清掃、劣化部分の補修、下地調整の工程を経て
耐久性のある防水層を形成することができます。

次は、ベランダのウレタン防水施工の様子をご紹介します。








代表2

● 街の屋根やさん和歌山店ってどんな会社? ●


街の屋根やさん和歌山店は、屋根の工事はもちろん、防水工事雨漏り修理などの実績も数多くございます。

屋根工事は屋根の職人、防水工事は防水職人、建物のことなら大工・・と、各分野の専門の職人が工事に携わるので安心です!



街の屋根やさんは、お客様に安心していただけるように「5つの安心」をご提供しています。
↓↓↓↓

住まいのことでお困りのことがありましたらお気軽にご相談くださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岩出市の雨漏りを止めるベランダの防水工事でウレタン防水を施工

岩出市の防水前のベランダ
岩出市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材、カチオンクリート他(防水工事のみ)
築年数
約47年
建坪
約16坪
保証
1年
工事費用
約21.7万円(税込み・防水工事のみ)
施工事例

紀の川市のベランダのひび割れを修理しウレタン防水を施工!

紀の川市の劣化したベランダ
紀の川市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
シーリング材・カチオンクリート・ウレタン樹脂防水材
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約28万円(税込み)
施工事例

紀の川市のベランダからの雨漏りでFRP防水をし直しました!

紀の川市の防水前のベランダ
紀の川市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP樹脂・トップコート他
築年数
約16年
建坪
約17坪
保証
3年
工事費用
約19.5万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岩出市の片流れの屋根の剥がれた破風板と軒天を修理して塗装!

岩出市の剥がれた破風板と軒天
岩出市の破風板と軒天復旧完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板・シーリング・各塗料他
築年数
約28年
建坪
約33坪
保証
1年
工事費用
約32万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岩出市の雨漏りを止めるベランダの防水工事でウレタン防水を施工

岩出市の防水前のベランダ
岩出市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材、カチオンクリート他(防水工事のみ)
築年数
約47年
建坪
約16坪
保証
1年
工事費用
約21.7万円(税込み・防水工事のみ)
施工事例

岩出市のテラスとカーポートの波板を張り替えて気分がすっきり!

岩出市のテラス波板張替え前
岩出市のテラスとカーポートの波板を張り替えて快適になったお客様の声
工事内容
台風
使用素材
ポリカ波板・ポリカフック
築年数
約24年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約19万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岩出市のベランダの下の洋室でも雨漏りしています

岩出市でベランダのウレタン防水を行いました。M様邸は木造・2階建ての住宅で、ベランダの下のお部屋と玄関の天井に雨漏りが発生しました。以前も同じ箇所で雨漏りしたことがあり、その時に他業者で屋根などを修理されて止まっていたそうですが、また雨漏り...........

岩出市の外壁の目地とひび割れ

岩出市で行った雨漏り修理の様子をご紹介します。M様邸は木造・2階建ての住宅で、玄関の天井とベランダの下の洋室の天井で雨漏りが発生しました。以前にも同じ箇所で雨漏りしたことがあり、その時に他業者で修理をしてもらったそうですが、雨漏りが再発した...........

岩出市の雨漏りの現地調査

岩出市の雨漏り調査の様子をご紹介します。M様より「玄関の天井と1階の部屋の天井に雨漏りしてるんです」というご相談をいただき調査にお伺いしました。雨漏りしている玄関と1階の洋室の天井の上にはベランダがあり、壁際などにひび割れが生じていました。...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら和歌山店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-948-983