オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岩出市の土葺きの瓦屋根の軽量化でスレートに葺き替えた施工事例


工事のきっかけ

岩出市で屋根の葺き替え工事を行いました。K様邸は木造で2階建てで、屋根には土と瓦が載っています。ご相談のきっかけは、台風や地震がよく上陸するので、安心して余生を暮らせるように耐震改修をしようかと検討されていました。耐震診断者が診断を行い、耐震計画の提案をさせていただき、耐力壁の設置や屋根の葺き替えなどの工事のご依頼があり、工事に至ります。昔の瓦葺きの屋根は瓦を固定するために土を使用しているので、瓦と土の両方で相当な荷がかかっています。地震の揺れが襲ってきた時に、屋根が重いと建物の重心が高い位置にあるのでその分揺れてしまい、倒壊する危険性が高くなってしまいます。そのため、土を下ろして軽量な屋根材に葺き替えるご提案になりました。

岩出市 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
岩出市の瓦屋根現況
horizontal
after
岩出市の瓦屋根をスレートに葺き替え

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
7日間
使用材料
化粧スレート・構造用合板・ガルバリウム鋼板他
施工内容その他
築年数
約35年
保証年数
10年
工事費用
約160万円(税込み・耐震改修費用含まず)
建坪
約15坪
ハウスメーカー

屋根の現況

岩出市の瓦屋根をスレートに葺き替え
K様邸の屋根の現況です。

昔はよく見かけた青い瓦屋根です。これは「釉薬瓦」という瓦で、陶器瓦の一種なんです。今ではこの瓦を使用している住宅が少なくなりましたが、私はこの青い瓦の色合いが好きで、たまに見かけるとしばらく眺めるくらいです。

釉薬瓦は粘土を瓦のかたちに整えたあと、表面に釉薬(うわ薬)をかけて焼いた瓦のことです。釉薬により瓦の表面がガラス質の膜で覆われるので、耐水性があり、釉薬をかけないで形成した瓦よりも耐久性があるとされていて、色もオレンジや黒など色付けすることが可能です。

このように様々なメリットがある瓦ですが、この瓦の下には、瓦を葺くための「葺き土」がびっしりと敷かれているため、屋根が重くなってしまいます。地震時大きな揺れが発生した時に、屋根が重いと建物が倒壊しやすくなってしまうので、軽い屋根材に葺き替えて屋根の軽量化を図ることになりました。

屋根葺き替え工事

岩出市の瓦と土を下ろします
それでは、屋根の葺き替えの様子を分かりやすくご紹介します。
まずは、既存の屋根の解体です!
瓦をめくった後に雨が降ってくると大変なので、屋根の防水シート敷きまで1日で終わらせることが理想的です。

職人が数人がかりで一気に瓦をめくっていきます。めくった瓦が落下しないように、きちんと重ねて保管し、ある程度たまったらまとめて荷下ろしします。
岩出市の屋根の瓦や葺き土を昇降機で荷下ろし
昇降機による荷下ろし

屋根の葺き替えでは、大量の瓦と葺き土を下ろしたり、屋根材や下地の構造用合板などの重量がある資材を荷揚げしないといけません。作業用の足場を周囲に設置していますが、荷下ろし・荷揚げを手作業で行うのは危険ですし難しい為、昇降機を足場に固定しました。
昇降機は荷台が付いている梯子のことで、荷台が電動で動きます。その荷台に資材や撤去物を載せて、荷下ろし・荷揚げできるので便利です。
岩出市の屋根解体状況で土がたくさんのっています
瓦の下には大量の葺き土が載っています!

土葺きの屋根は重量がかかりますが断熱効果が高く、重みで強風に飛ばされにくいというメリットもあります。ですが、関東大震災や阪神大震災で建物が倒壊したり、瓦が落下する被害が多くあったため、現在は屋根を軽量化する工法が主流になっています。
岩出市の屋根の葺き土を手作業で下ろします
屋根に載っている葺き土もすべて撤去しないといけません。

手作業で土を集めて袋に入れ、下に荷下ろしします。
葺き土は月日とともに乾燥してくるので、撤去する時には土埃がたくさん舞います。周りの住宅にご迷惑をかけないように事前にご挨拶に伺い、足場を屋根の上まで設置し、周囲にメッシュシートを張って対処しています。

岩出市の屋根の瓦と葺き土撤去完了
葺き土撤去完了状況です

たくさんあった土を人力ですべて下ろしました。
土の下には屋根の下地の野地板があります。この野地板は撤去しないで、上に新しい下地を設置します。
もともとある野地板を撤去すると、撤去と処分費がかかってしまうので、そのまま残すことがほとんどです。
屋根の葺き替え工事には大きな費用が必要なので、できるだけ抑えたいとことですね。
岩出市の屋根の野地板の下地設置完了
野地板の下地設置完了状況です

既存の野地板の上に野地板の下地を設置する・・・と聞くと混乱するかと思います。分かりやすくお伝えすると、「新しく設置する野地板をしっかりと支えるための下地」のことです。また、「屋根材を真っすぐ葺くための下地」という役割もあります。既存の屋根は土葺きだったので、ある程度は調整が効きますが、次に使用するのは「化粧スレート」という厚みが薄いパネル状の屋根材なので、下地に不陸があると隙間があくなど見た目に悪影響を与えてしまいます。化粧スレートを真っすぐきれいに葺くためには下地から調整しないといけません。
岩出市の屋根に構造用合板を張ります
野地板(構造用合板)張りの様子

厚みが12mmの構造用合板を張ります。構造用合板は、屋根の下地や床下地、耐震改修で壁にも使用される耐久性のある合板のことです。先に設置した下地の角材に向かってビスでしっかりと固定していきます。
岩出市の屋根の構造用合板張り完了
野地板(構造用合板)張り完了状況です

野地板は、この上に敷く防水シートや屋根材の土台になります。野地板が頼りないと屋根材をしっかりと固定することができません。目に見えない部分ですが、とても大切な役割があるのが野地板です。
岩出市の屋根にゴムアスルーフィングを張ります
ゴムアスルーフィング敷きの様子

ルーフィングとは、防水シートのことです。屋根を雨水から守っているのは屋根材ではなくてこのルーフィングなんです。屋根材の内側に入った雨水が内部に浸入するのを防いでいます。ルーフィングを敷かずにそのまま屋根材を葺くと、野地板が濡れて腐食し、屋根を支えられなくなってしまいます。
雨水を受けないように、軒先から順に重ね代をとって張ります。
岩出市の屋根のゴムアスルーフィング張り完了
ゴムアスルーフィング敷き完了状況

タッカーという大きなホッチキスのような道具でルーフィングを留め付けて施工しました。
ゴムアスルーフィングは改質アスファルトルーフィングのことで、アスファルト、合成ゴム、合成樹脂などを加えてつくった耐久性のあるルーフィングになります。耐用年数は約20年と言われています。
ルーフィング敷きまで終えると、急に雨が降っても中に水が廻ることはありません。この工程まで1日で完了させると安心です。
岩出市の屋根にケラバ水切りを取付けます
水切り板金の取付状況です

屋根のケラバ(雨樋が付いていない面の端)に板金を取付けます。この板金を「ケラバ水切り」と言います。
ケラバ水切りは、屋根の内側に雨水が入るのを防ぐ金物のことです。水切りを取付けないと、屋根の端がむき出しになり、野地板の小口などから雨水が浸入し腐食してしまいます。
角材を屋根面に固定し、そこに水切り板金を取付けます。
岩出市で取付けたケラバ水切りの水返し
ケラバ水切りには「水返し」が付いています。

スレートを水切りに差し込んで葺きますが、ケラバからスレートの内側に雨水が入った時に、水が広がらないように止める役割があります。
スレート屋根には軒先や棟にも板金が使用されます。
各板金は、雨水が内側に回るのを防いだり、下地の木部の小口を隠す役割があります。
岩出市の屋根にスレートを葺きます
資材搬入状況です

化粧スレートは平型の薄い屋根材で、運びやすいように束になっている状態です。軽い屋根材といってもそこそこ重量があるので、ひとまとめにせず小分けにしてくれています。
一束ごとに屋根面に広げて、すぐに作業ができるように配置しました。
岩出市の屋根のスレート葺き
スレート葺きの様子です

以前は土で瓦を固定していましたが、スレートは釘留めして葺きます。
軒先から順に、重ね代をとって上に上に葺いていきます。
スレートの継ぎ目が揃わないように互い違いに葺かないといけません。釘で固定できるので、ズレる心配がない屋根材です。
岩出市の屋根に棟板金を取付けました
スレートを葺いたあと、棟に板金を取付けて屋根葺き替え完了です。
棟は屋根の頂点の水平部分のことで、軒先に向かって降りる棟が降り棟になります。棟はふたつの屋根面の取り合い部なので、雨水が入らないように板金を取付けています。
棟板金の下には「貫板」という下地板がありますが、両方とも抜けにくいビスでしっかりと固定しました。
岩出市の屋根葺き替え完了
移設していたテレビのアンテナを復旧しました。

化粧スレートは土を使わないで葺くことができ、瓦よりも軽い屋根材なので、その分屋根が軽くなります。屋根を軽くすると、建物の重心が下に下がるので、地震の揺れを受けた時に以前よりも安定して倒壊しにくくなります。分かりやすくお伝えすると、コップの上部だけが重いと倒れやすいのと同じです。(下の方に重みをかけると安定します)
街の屋根やさん和歌山店は屋根のちょっとした修理や葺き替えまでご相談を承っていますので、気になること、心配なことがありましたら、ご相談ください。メールでもお電話でも大丈夫です!

【工事完了後】

岩出市の屋根葺き替え完了

同じ地域の施工事例

施工事例

岩出市のテラスとカーポートの波板を張り替えて気分がすっきり!

岩出市のテラス波板張替え前
岩出市のテラスとカーポートの波板を張り替えて快適になったお客様の声
工事内容
台風
使用素材
ポリカ波板・ポリカフック
築年数
約24年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約19万円(税込み)
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら和歌山店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-948-983